NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

ニューヨーク物語

「Mie・Art&Talk NY」Column6

"Zang Toi Gown worn by Gong Li

On Exhibition, "Front Row" at MOCA: Museum of Chinese in America"

 

New York City, April 23rd 2013

 

 

Raise the Red Lantern: 大红灯笼高高挂;  (Dà Hóng Dēnglóng Gāogāo Guà) is a 1991 film directed by Zhang Yimou and starring Gong Li.
When Raise the Red Lanternwas nominated for Best Foreign Film at the 64thAcademy Awards, Gong Li walked the red carpet in a Zang Toi red knit gown.
The Chinese Folk Art-Inspired Lacquered Red Knit Gownis currently on view at New York’s MOCA: Museum of Chinese in America.

 On the night of April 23rd  I had the privilege to attend the VIP reception of the exhibition "Front Row" with the designer, Zang Toi - also wearing his red knit gown. This updated red gown was within the same theme as the original lacquered red knit gown. The gown was quite fitted and was adorned with hand-beaded flowers and butterflies consistent with the theme of the film.

 


 

The exhibition "Front Row"traces and celebrates the rise of Chinese American designers who came to New York to make their mark. Featured designers included Anna Sui, Yeohlee Teng, Vera Wang, Vivienne Tam and Zang Toi. These designers all emerged in the New York fashion scene in the 80's as the city was developing into one of the fashion capitals of the world. The show also includes new generation designers such as Derek Lam and Phillip Lim, they all have since gone on to establish global fashion enterprises. Through video interviews the exhibition will explore the rise of these Chinese American designers and their relationship to New York City as they discuss their artistic visions and entrepreneurial paths.


Front Row” was guest-curated by designer Mary Ping who was aided by an advisory committee including Valerie Steele (Fashion Institute of Technology), Harold Koda (Metropolitan Museum of Art, Costume Institute), and Jason Sun (Metropolitan Museum

of Art).  

 

Front Row” is on view through September 29, 2013.


Please come trace the history of Asian fashion in New York at MOCA “Front Row”! 

 

 

ゴン・リーが着た ザン・トイの赤ニットガウン  MOCA: Museum of Chinese in America 美術館展覧会 “Front Row" にて展示。

 

VIP Opening にて。 New York City, 4月23日。

 

映画Raise the Red Lantern が第64回のアカデミーアワードの Best Foreign Filmにノミネートされた時、 Gong Li は Zang Toi (ザン・トイ)の赤ニットガウンを着てレッド・カーペットを歩きました。

この中国のフォーク・アートにインスパイアされたZang Toi (ザン・トイ)のオリジナルの赤ニットガウンがNew YorkMOCA 美術館: Museum of Chinese in America にて展示されています。

 

 

423日の夜、私はこのスペシャルな赤ニットガウンを着て、展覧会"Front Row" (最前列)と題された展覧会のVIP レセプションにデザイナーのZang Toiと一緒に出席しました。(オープニング写真参照。)

このガウンはとても身体にフィットする素材でできていて、柄は全て手縫いされた花柄と蝶々のディテール。それは、女優の Gong Li 出演した映画 Raise the Red Lantern”  1991年の映画タイトルのシンボルとなるものでした。 

 

展覧会"Front Row" (最前列) New Yorkと世界の地でその成功を納めた16名の 代表的なアジア人デザイナー達と彼らのアーティスティックなビションとスタイルの歴史に焦点を当てています。フューチャーされたデザイナー達は、80 年代から世界のファッションの中心となるNY に現れた Anna Sui (アナ・スイ)Yeohlee Teng (ヨーリー・タン)Vera Wang(ベラ・ワン), Vivienne Tam (ビビアン・タム)そして Zang Toi (ザン・トイ)。そして新しい世代のデザイナー、ダレク・レム、フィリップ・リムなど。彼らは世界を代表するファッション•ハウスに発展し、世界の著名デザイナーとしてその名を世界に広げました。

 

この展覧会はMary Ping によりゲスト・キュレートされ、アドバイザー委員には Valerie Steele (Fashion Institute of Technology); Harold Koda (Metropolitan Museum of Art, Costume Institute); Jason Sun (Metropolitan Museum of Art)等が参加しています

 

 

このアジアを代表する16人のそれぞれのユニークでアーティスティックなビジョンと、シグネチャー・スタイルを紹介するビデオ・インタビューやショーの投影、インスタレーションが見られるこの展覧会は、929日まで開催されています。

是非、この素敵にファッショナブルなアジアのアート・ヒストリーを MOCA: Museum of Chinese in America "Front Row" (最前列)体験しててください!!

 

-MIE

 

info: インフォメーション

Front Row: Chinese American Designers
期間 
April 26, 2013 to September 29, 2013

Website:

http://www.mocanyc.org/exhibitions/current/

 

Location & Directions:
場所

MOCA Museum 

The Museum of Chinese in America 

215 Centre Street

New York, NY 10013