NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

ニューヨーク物語

「Mie・Art&Talk NY」Column4

アーティスト・フィルム•メーカー ノア・ベッカー(NOAH・BECKER)
アーティスト・フィルム•メーカー ノア・ベッカー(NOAH・BECKER)

 

今回はWhite Hot Magazine (ホワイト•ホット•マガジン)という、インターナショナル•オンライン•アートマガジンの発行者であり、フィルム・メーカーでもあり、ジャズ・ミュージシャンでもあり、またNYに住むアーティストでもある、 ノア・ベッカー(Noah Becker)をご紹介します。そして、今回は彼のプロデュースする、新しいNYアート界のフィルム、”シークレット•ヒストリー•オブ•コンテンポラリー•アート” (Secret History of Contemporary Art) に関してのインタビューです。

 

ノア・ベッカー(NOAH・BECKER)

ノアのスタジオでのインタビュー、お互いに相手を撮る。
ノアのスタジオでのインタビュー、お互いに相手を撮る。

Mie


 

 

 

   Secret History of Contemporary Art Trailer

 

           (予告編ビデオリンク) 

     Credit:Producer: Noah Becker

     Co-producer of both films and the Director of Photography: Steven Lane

 

 

ノア・ベッカーと私は今年始めの NYでの展覧会 "MIE: ポートレート"展で出会い、コラボレートしてから友人になり、一 年程前彼に今制作中の新しいフィルム「現代アートの秘史ー”シークレット•ヒストリー•オブ•コンテンポラリー•アート” (Secret History of Contemporary Art)」の話をきき、このフィルム に出演して欲しいとの依頼をされ、私も出演する事になりNYで撮影をしました。このフィルムは彼がプロデュースした、NYのアート界のフィルム第一作目、”NYは今” (NY is Now)につづく第2作目であり、この2つのフィルムでノア•ベッカーはカナダの若く才能あるフィルム•メーカー、スティーブン•レーン (Steven Lane)と組んで、共同製作•プロデュースしています。

 

ノアとのこれらの数回のコラボレートを通じて、ノアの事をだんだんと知っていくうちに、私は彼がアーティストである以上に、他にもいろいろな才能を持っている事に気づきました。そしてそれはいつも、お互いのさらなる会話へとはずんでいきました。それで今回は、彼の新しいニューヨークのダウンタウンにあるスタジオに彼を訪ねていって、彼のプロデュースするこの新しいフィルムについてインタビューしてきました。

そこでノアはこのフィルムの製作にまつわる話を語ってくれ、このトレーラー(予告編ビデオ)を見せてくれました。この記事の中にもトレーラー(予告編ビデオ)を紹介していますのでご覧ください。

今回、この永澤プロデューサーのオンライン・ウェブマガジンを通じて、日本のクリエーティブな方々、メディア関係、ギャラリー、美術館等がこのフィルムに興味をもって、日本上映スクリーニングにご協力してくれるとよいな、と思っています。ご興味のある方は、英語でのご連絡はノアへ、日本語ではMIEまで是非ご連絡下さい!(Noah: noahbeckerart.com / MIE: cocoanewyork.com)

さて、私達はここNYシティーのダウンタウンのノア・ベッカー(Noah Becker) のスタジオに座り、語り始めました。

 

Mieポートレート展、ギャラリー内でのショット
Mieポートレート展、ギャラリー内でのショット
アート・作品
アート・作品
アート・作品
アート・作品

 

In this time of "MIE NY Art Column", I would like to introduce NY based artist, Noah Becker who is also an Art magazine (White Hot Magazine) publisher, a film maker and a Jazz musician. And this time I interviewed him about his new upcoming NY Art World film called, "Secret History of Contemporary Art".

 

Trailer:

Noah Becker and I met through the portrait show "MIE: A Portrait by 35 Artists" earlier last year and he was one of the talented artists we curated into the exhibition. Since the collaboration, he invited me to be in his new film called, "Secret History of Contemporary Art". This film is a second NY Art World film he is producing. He collaborated with a talented team, Canadian film editor, Steven Lane and we had a fun time shooting in NYC for his film. After those several collaborations and having known him for a while, I realized that Noah has multifaceted creative talents besides being an artist, which sometimes leads us to more interesting conversations. And this time, I went to visit him in his new studio in downtown NYC to interview about his new film.

He shared the stories behind his films and its production, then showed me the trailer, which you can also see from the link in this column.  

I hope, through this Nagasawa producer's online web magazine, his message will reach to some creative people/ gallery/ museums in Japan who might be interested in collaborating and doing the screening the film in Japan.  If you are interested, please reach Noah for English or MIE for Japanese, we are looking forward to hear from you! :Noah: noahbeckerart.com / MIE: cocoanewyork.com)

 

So, now here we are, sitting in Noah Becker studio, Downtown New York City. 

 

アート作品
アート作品
MIE Portrait 展カタログのノア(Noah)の作品”MIE”のページを見る出演者。
MIE Portrait 展カタログのノア(Noah)の作品”MIE”のページを見る出演者。

 

MIE -   Where are you from?

 

Noah - I'm from Cleveland Ohio but I was raised in Canada, British Columbia on the west coast.

 

MIE -  What made you into art and film making initially?

 

Noah -  I started playing saxophone at age 11 when my family moved to Las Vegas. Later on when I was 15 and we were back in Canada I was really into making my own comic books so I signed up for art school. Eventually I realized that I wanted to be a painter as well as a sax player. It was not my intention to be an artist it just happened in process of making lots of art. Because I'm a jazz musician and a painter, I've developed things that are visual and things that are aural. This condition is like a practiced or deliberate kind of synesthesia. This is usually a condition where people confuse what they see with what they hear and vice versa but in my case it a developed thing. These skills are perfect for the timing and visual aspects of film. Dali made films, lots of great artists and musicians have made films. I'm not a filmmaker by trade but when Steven Lane the Canadian film maker collaborates with me, I gain new ways of thinking about film, he is a great young film director.

 


 

MIE (ミエ) -  ノアはどこの出身ですか?

 

Noah(ノア) - 僕はクリーヴランド・オハイオの出身で、育ちはカナダ西海岸のブリティッシュ•コロンビア)です。

MIE - ノア(Noah)、まず、最初にあなたが映画を製作をするきっかけはなんだったか、教えてくれますか?

 

Noah - 私の家族がラスベガスへ引っ越した時、僕は11歳でサクソフォンを演奏し始めました。その後、僕が15の時、僕たち家族はカナダにもどったんだ。僕はその頃、自分でコミックブックを作る事が趣味でね、美術学校にいく事にしたんだ。それで僕はサクソフォン・プレーヤーになりたいと同様に、画家にもなりたいと思うようになった。もともと、アーティストになる、という事は最初の僕の意図ではなかったけれど、沢山の作品を製作していく過程で自然にアーティストになったんだ。

僕はジャズミュージシャンと画家の両方であるので、視覚的なもの、および聴覚的なものを追求していったんだ。それは、通常人々が聞くものと見るものを混同する感覚に似ているかもしれないけれど、僕のケースではそれが発展した、という感じで、こうした視覚、聴覚のスキルがフィルムのタイミングの感覚や視覚的な部分にパーフェクトに働くんだ。

 

ダリはフィルムも製作した、他の多くの偉大な芸術家や音楽家もフィルムを製作したよ。僕はフィルムのエディットまではしないけれど、カナダのフィルム•メーカー、スティーヴン・レーンが僕とコラボレートして製作している。彼は僕に映画に関する新しい思考様式を提案してくれる、偉大な若い映画監督だ。

 

 


 

MIE - I really enjoyed watching your first film, ”New York is Now” which talks about decentralization of the NY Art World, can you tell us how did the idea of this film making came about? and which artists were casted in the first film?

 

Noah - Again it was due to my collaboration with Steven Lane the young Canadian film maker. But also it was due to Whitehot Magazine and my painting career. It's the art magazine I publish and we are dealing with a lot of interesting people in the scene and I meet people at my exhibitions and so forth. So at a certain point I felt that getting these people on film was something I could not shy away from. Also my interest in online publishing and my influence on art history in relation to being the only online art magazine made me think about filming something. New people come into my sphere and my life gets more and more exciting. So I capture ideas through people which then feeds into my painting and musical invention and writing to a certain degree. In this first film, we featured, Michael Halsband, Richard Phillips, Spencer Tunick, Michael Anderson, Tom Sanford, myself Noah Becker, Andrew Guenther, Richard Butler, Joe Heaps Nelson, and many more interesting artists and people in the art world.

 

MIE - The film centers around those issues including the market climate, and the clash between real and virtual space via social media and the internet at large, it is interesting to see all each artists, Gallerist and curator's point of view. As an publisher of an online international art magazine yourself, what is your personal opinion about these aspects?

 


 

Noah -  We included market experts from Christie's and other places to round out our education. The art world is what you make it, if you want something then dream it up, take a risk, or get out of the way of the very few people who are actually doing something. The art world or culturally based world is a beast, not just contemporary art but all of it, music, writing and so forth. There's not enough room for everyone at the top, unlike I was told as a young artist- there really isn't room for everyone. There is only room for a small number of people at the top. The reaction to this statement is that the “top” or hierarchy is an abstraction, that's only partially true. If younger art students knew the small small number of historical figures to come out of their era it would shock them, they might quit right there. So once we learn how the machinery of the art world works we then begin to use it in the way that masters used it and discover tangible pathways outside the right brain condition of many marginalized artists striving to be heard. There is the tangible world and the world of the dreamer. Sometimes the lines cross creating a kind of psycho-shamanistic situation only found in the art world.

 

MIE - 私はノアのフィルム第一作目、”NYは今” (NY is Now)を見ました。とても面白かったです。それはインターネットや ソーシャル•ネットワーク•

サイトなどによって、ニューヨークがアートの中心地である神話がくずれつつあるか否か、というテーマについて展開していきますが、このフィルム製作のいきさつについて教えてくれますか?そして第一作目に出演していたアーティストは?

 

Noah - この一作目もまた、若いカナダの映画メーカー、スティーヴン・レーンとの共同製作でした。そしてまた僕がプロデュースしているオンライン•アート•マガジ ン、White Hot Magazine (ホワイト•ホット•マガジン)の運営、また僕自身がアーティストである事からがきっかけとなったんだ。このマガジンを通じて、僕はいろいろな面白いアー ティストに出会う事が出来て、それに自分の展覧会を通しても沢山の人にあえたりします。そうしているうちに、著名な人々に自分のフィルムの出演をお願いす るアプローチができやすくなったんだ。

 

さらに、オンラインマガジンを出版することに関しての僕の興味、そして美術史に対する関心と自分の雑誌がオンラインだけの芸術誌であることを考えると、フィルムをつくってみたい、と考える様になりました。今新しい人々がどんどん僕の周りに集まってきていて、僕のライフはますます刺激的になってきているよ。そしてそうした刺激的な出会いが、僕の絵画、音楽活動の発展、ライター(筆者)という活動のそれぞれにある程度糧になっているんだと思う。第一作目に出演したアーティストは、マ イケル•ハルスバンド(Michael Halsband)、リチャード•フィリップス、(Richard Phillips)、スペンサー•チューニック(Spencer Tunick)、マイケル•アンダーソン(Michael Anderson)、トム•サンフォード(Tom Sanford)、アンドリュー•グエンサー(Andrew Guenther)、リチャード•バトラー(Richard Butler)、ジョー•ヒープス•ネルソン(Joe Heaps Nelson)そして 僕自身 ノア•ベッカー(Noah Becker)、 そして他にも著名アーティストやNYの重要なアートシーン、ギャラリーで働く人達がフューチャーされているよ。

 

 

MIE - 第一作目のフィルム”NYは今” (NY is Now)では、マーケットを含む ソーシャル•メディアやインターネットによる現実および仮想空間との関係といった問題を繰り広げましたが、それぞれ芸術家やGallerist、またキュレーター(学芸員)等の視点も取り入れていてまた面白いですね。国際的なオンライン•アート•マガジンの出版者である、あなた自身のこうした問題に関する見解はどうでしょうか?

 

Noah - 僕達は、クリスティーズからの市場専門家にも出演をお願いし、情報と教育を得られるようにしたんだ。アート界はあなた達が作るもの、何かを起こしたければ夢を持つ事、リスクをおかす事、実際に何かを既にしているごくわずかの人々のまねをしない。アート界あるいは文化に基づいた世界はいってみれば動物です、それは現代アートだけでなく音楽、ものを書くことなどの全てにおいて、トップとよばれる人はほんの一握りで、皆がその一握りにはいれる訳ではないんだ。それは、小さい時に勇気づけられて、やればできると教育された事とは相反していて、本当に本当にトップになるには並大抵の事ではないんだ。

 

「トップ」あるいは階層社会、ということは抽象的概念だけれど。それは一部本当の話であって。もしも若いアート学生が歴史上の統計上、彼らの時代から出て来れるアーティストはごくごくわずかな少数であることを知った場合、衝撃を与えるでしょうね、アーティストになる事はやめるかもしれないよ。だから僕らは一度どのようにアート界が動いているか、という仕組みを理解して、それに上手にのっていく方法を理解する必要がある、そしてそれは過去のマスター達がやってきた様に、その方法を使っていくんだよ。そして沢山のアーティストが知りたがっている、右脳の作用を超えた明確な実際の世界の道すじを見つけて辿っていくんだ。世の中には明確な実際の世界と空想家の2つの世界があって、時々その2つの世界は、アート界だけに共存する。一種の精神的シャーマニズムみたいな状況を創って一緒になるんだ

 

Mie  NYチェルシー、ハイラインでの写真
Mie NYチェルシー、ハイラインでの写真

MIE -  Second film, your new film, "The Secret History of Contemporary Art," is now in the production, can you share a little bit of story about this film? As to who are featured and what issues are centered around?

 

Noah - The trailer for the film is amazing, the cast, dialogue and visuals as well. Cast in this film are Olaf Breuning, Ornette Coleman, Anthony Haden-Guest, Michael Anderson, Katy Diamond Hamer, Mie Iwatsuki and myself and many more interesting people and important collectors in NYC. you can see the credits in the trailer also.

We capture things as they happen and order them out in the cutting room. The secret remains a secret at this point even to us. Something wildly historical is happening and it's about the New York art world which in my opinion is kind of a forgotten place in our globalized culture. We will see how it looks when it's released.

 

MIE -   I think this kind of film documentation in this period of time will be important especially in the future. Also I think a lot of art students and artists in Japan especially would be really interested to know what the contemporary NY Art World is really like and what difficulties the world may be facing. Do you want to plan to show these films in Japan?

 

Noah - Yes, we would like to plan to show them in Japan and would like museums or galleries in Japan to contact us and collaborate on screenings with us. 

 


 

MIE -  今度の新しい第2作目のフィルム、「現代アートの秘史ー”シークレット•ヒストリー•オブ•コンテンポラリー•アート” (Secret History of Contemporary Art)」は今製作中だけれど、この2作目のフィルムについて教えてくれますか、出演者や取り上げられているテーマについて。

 

Noah - 映画のトレーラーは驚くべき出来になっています、キャスト、対話、そして映像も。キャストは オラフ•ブレウニング(Olaf Breuning)、オーネッテ•コールマン、(Ornette Coleman)、アンソニー•ハーデンガスト(Anthony Haden-Guest)、マイケル•アンダーソン(Michael Anderson, ケイティー•ダイアモンド•ハマー(Katy Diamond Hamer, 岩月美江(Mie Iwatsuki) と僕自身、ノア•ベッカー(Noah Becker)、その他、沢山の重要な人、有名コレクター等がフューチャーされています。トレイラーをみて頂けたらキャストのクレジットが載っています よ。これはドキュメンタリー•フィルムなので僕らは事が起こるごとにフィルムに納め、編集室で編集していく。フィルムの題名にある様に、シークレットは現 段階ではシークレット(秘密)、僕達自身にもね。

 

今なにか激しく歴史的なことが起ころうとしている。それはニューヨーク•アート界についてで、それは僕の見解によればニューヨーク•アート界は僕らのグローバル化された文化の中で忘れられた場所。フィルムが出来上がってリリースしたらどんな感じに出来上がるかわかるだろう。それまで乞うご期待、というところかな。

 

MIE -  この現代のアート界のこういったドキュメンテーション(記録)は、特に将来、大切な物になると思います。それから、日本の多くのアート学生やアーティスト達は現在のNY美術界の実際や、NYアート界がどんな障害に面しているかに、特に興味を持っていると思います。日本でこのフィルムを上映することを計画していますか。

 

Noah - 僕たちは、日本で是非このフィルム上映を計画したいと思ってます、美術館あるいは日本のギャラリーとコンタクトをとりたいと思っています、彼らに僕達とコラボレートしてスクリーニングを開催して欲しい。

 

 

MIE - You as an artist, Film maker, Publisher as well as jazz musician, you must have seen the vast creative scenes and grasped whole NYC. To Japanese or any non NY audience, what do you want to convey to whom plan to come to NYC to achieve their creative carrier goals?

 

Noah - That New York is a place worth being and that it's as challenging and enlightening as people say.

MIE -  Can you also let me know about your art works you are currently working on? Or about the next project?

 

Noah - I am currently working on a series of portrait paintings for a museum show in Detroit.

 

MIE -  Thank you, and lastly, please include any message to your audience here.

 

Noah - I would enjoy hearing from museums, collectors and galleries in Japan visit my website: noahbeckerart.comand contact me.


 


 

MIE -  それから、Noah 自身はアーティストとして、フィルムメーカーとして、出版社として、そしてジャズ•ミュージシャンとして、NYの広いクリエーティブなシーンを見てきて、 理解してきたに違いないと思います。日本、あるいは NY以外でこれを読んでいる人達に、これらのクリエーティブなキャリアーのゴールをめざしてこれからNYCへ来る計画をしている人達に、どんな事を伝えら れますか?

 

Noah - ニューヨークはある価値がある場所です。また、それは人々が言う様に、チャレンジングで、精神と洞察力が高まる所だよ。

 

MIE - さらに、あなたの現在のアート活動についてを教えてくれますか。あるいは次のプロジェクトに関してなにかお知らせがありますか?

 

Noah -  私は、現在デトロイトでの美術館展覧会の為の一連の肖像画の製作に取り組んでいます。

 

MIE -  どうもありがとう、そして最後に、ここで読者の方々へのメッセージをお願いします。

 

Noah -  美術館、コレクターの方、および日本のギャラリーからメールをいただけるのを楽しみにしています、僕のウェブサイトを是非訪れて見てください。

noahbeckerart.com まで、ご連絡お待ちしています!

 

Secret History of Contemporary Art Trailer (予告編ビデオリンク)
Secret History of Contemporary Art Trailer (予告編ビデオリンク)

MIE:
Mie Iwatsuki (
岩月美江Curator/Model
Website: Cocoanewyork.com
Facebook: facebook.com/mieiwatsuki