NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

ザ・シャーラタンズ / ライヴ・イン ジャパン 

30分前に会場に到着
30分前に会場に到着

2016/3/8((月)AKASOumeda(大阪)
2016/3/8((火) Shibuya O-EAST(東京)の両日、「ザ・シャランターズ」の日本公演が開催された。
我々が足を運んだのは、2日目の東京公演。スタンディングライブで8,500円という、決して安くないライブにも関わらず、開演時間20分前には、すでに会場には人があふれていた。

開演20分前にはすでに会場はいっぱいに
開演20分前にはすでに会場はいっぱいに
専属の音響さん(?)
専属の音響さん(?)

前座のバンド演奏中も続々と人が訪れ、シャランターズの開演時間には、会場は人があふれかえっていた。ファンと握手をしながら登場、演奏の準備に入るまでの時間も、決して飽きさせることのないパフォーマンスを見せる。ボーカルのティム・バージェスは48歳だが、年齢を感じさせないスタイル、通りの良い声、そして動きで演奏時間中、会場は熱気に包まれた。

次回の日本公演がいつになるかは不明だが、ステージとファンとの一体感を見事に感じさせてくれた公演になった。

これは、おそらく声は会場の問題だと思うのだが、ロックバンドにありがちな、演奏の音に歌がかき消されてしまう場面がいくつもあったのが、残念だった。

プレス資料

ザ・シャーラタンズ_来日公演決定!!.pdf
PDFファイル 692.7 KB