NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

阿部 寛・写真の旅

第二弾 サウスハンプトンの旅

 

Nagasawamagazine・2013年4月号でカメラマン・阿部 寛“演出する・もう一つの旅・NY・ハンプトン”を掲載しています

その後、多くの読者からもう少しハンプトンズを細かく丁寧にというメールが来ました。

今回少し突っ込んで“ハンプトンズ”細かく分けて、2014年5月号で再登場させました。

“カメラマン・阿部 寛・写真の旅”重複する写真もあるかと思いますが、都会の象徴ニューヨークと違ったヨーロッパの雰囲気を持つハンプトンズの写真の旅をぜひ

お楽しみください。

 

現在、日本からのニューヨークへの旅はマンハッタンを中心とした旅プランがほとんどです。

なかなか、“ハンプトンズ”には足を運べません。

そして、“ハンプトンズ”を知らない人たちがほとんどだと僕は思います。

ネットで調べても多分ハンプトンズ旅情報はあまり見当たりません。

Nagasawamagazineでお伝えしている“ハンプトンズ写真の旅”が最高です、断言します。

 

 

 

“サウスハンプトンの旅”

 

ニューヨーカーたちはハンプトンズを愛おしいリゾート地と思っています。

ハンプトンズは細長い島のような半島なのでロングアイランドという名称もあります。

しかし、現在は一般的に“ハンプトンズ”と呼ばれています。

最高のリゾート地であります。

ニューヨーカーたちからは、憧れの場所です、

現在は、日本のケーブルテレビFOXが放映している“キャッスル”という番組内でも“ハンプトンズ”が描かれています。

更に、同じFOXテレビ”ロイヤル・ペインズ“もハンプトンズが舞台です。

リッチな人たちを描いたドラマです、ご覧いただければハンプトンズをさらに深く理解できるはずです。

 

ハンプトンズは、前号でも書いた通り、三つの街から構成されています。

三つの町は、各々特徴のある町造りで構成されているので、各町の特徴を掴んだ過ごし方をお勧めします。

イーストハンプトンは、ハンプトンズの中心となす町なのでチョット、ハイブローな雰囲気が味わえ、町の中心をなすストリートは、マンハッタン・マジソンアベニューを彷彿させるブランド店が軒を連ねています。                                                    

さて、この町のライフスタイルを考えながらサウスハンプトンの町を散策しましょう。

ハンプトンズは、前号でも書いた通り、三つの街から構成されています。

三つの町は、各々特徴のある町造りで構成されているので、各町の特徴を掴んだ過ごし方をお勧めします。

イーストハンプトンは、ハンプトンズの中心となす町なのでチョット、ハイブローな雰囲気が味わえ、町の中心をなすストリートは、マンハッタン・マジソンアベニューを彷彿させるブランド店が軒を連ねています。                                                    

さて、この町のライフスタイルを考えながらサウスハンプトンの町を散策しましょう。

 

 

まず、英国風の風情を感じる表通りから、ちょっと横道に入ると、美しい海岸にでます。

幅広い白い砂地がまぶしいです。

砂浜を見下ろすように豪華で大きなコテージが幾つの並んでいる風景はまず、日本ではお目にかかれません、流石、世界のリッチたちが集うハンプトンズの瞬間を感じてしまいます。

 

 

まず、英国風の風情を感じる表通りから、ちょっと横道に入ると、美しい海岸にでます。

幅広い白い砂地がまぶしいです。

砂浜を見下ろすように豪華で大きなコテージが幾つの並んでいる風景はまず、日本ではお目にかかれません、流石、世界のリッチたちが集うハンプトンズの瞬間を感じてしまいます。

 

 

潮風を堪能したら、町を横切り少し森に入るとそこはまた違った風景に出合います

広大な森の中から大きなグランドが目の前に現れます、ウォルファー・エステイト乗馬クラブです。

 

美しいそのクラブはハンプトンのリッチな人たちが自分の愛馬をそこに預けて乗馬を楽しんでいます。

 

 


サウスハンプトンには、結構有名なワイナリーで美味しいワインをいただけるので立ち寄ってみたらいかがでしょうか。

 

 

 

編集長記

次回「カメラマン・阿部 寛 写真の旅」は。ハンプトンズの最先端の町、モントーク、そして、ブリッジハンプトン、ノースフォークをお楽しみください。

落ち着きのある美しい町です、心が癒されます。

 

 

フォトグラファー・阿部 寛

 

企画・取材・nagasawamagazine

 

 

戻る