NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

街のグルメ 6

東京駅・天ぷら・天喜代

        大江戸天丼

      東京駅八重洲・グランルーフ「天喜代」

            大江戸天丼

 

昼は大江戸天丼や定食などランチも豪華。

夜はお好み天ぷらや新鮮な刺身でちょっと一杯、場所は東京駅大丸の隣にある新しいエリア“グランルーフ”だ。

新しい飲食店が並び、興味が湧く。

いま、テレビでも取り上げられている“大江戸天丼”は、度肝を抜かれる、スカイツリーのように“そびえたつ天丼”大江戸天丼。

見た目もすごいが食べても美味しい。

穴子が中心にそびえたって、正に“スカイツリー天丼”1.800円だ。

旭鮨総本店が手掛ける天ぷら専門店!鮨屋の仕入れを強みとしたネタの良さ“厳選・新鮮・旬食材”を紅花ブレンドの油で揚げた、さっぱり・サクサクの天ぷらをお楽しみください。

はまぐり、平貝、ホッキ貝、はもなど他ではなかなか味わえないネタも天ぷらで提供している。

一度食べてみる価値はあると思います。

 

企画・取材・nagasawamagazine・編集部 2017・2・15