NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

街のグルメ  7

神保町・カレーボンディ

        牛肉カレー

カレーという食べ物を日本人が嫌いという人がいたら不思議に思う。

それほど、日本のすべての人はカレーが好きだ、といいきれる。

国民食であることは確かだ。

カレーを食べさせるレストランも多く各地にみられる。

 

東京神保町は昔から、カレーを主としたレストランが多かった、それは、学生がこの地に多く存在していたことにも原因する。

現在、カレー専門店がこの地に多く存在している。

中でもこのカレー専門店「ボンディ」は本格的なカレーを食べさせてくれる、歴史を持ったカレー店だ。

神保町古書店が並ぶ、その中の古書店の二階の奥に「ボンディ」はある。

いつ来ても、奥にある細い通路には人が溢れている。

客の回転は速い、客一人一人の滞在時間は短い、それが、カレーを食べる規則だからだ。

 

店内は案外広く、こぎれいな雰囲気の普通の店だ。

席に座ると、まず、蒸かしたジャガイモがお皿で登場する、バター付だ。

ホクホクしたジャガイモを食べ終わるころに本日のメイン「カレー」が出てくる。

テーブルには“レーズン””ラッキョウ“”福神付け“の瓶が並ぶ。

カレーの種類は、豊富だ。

今回は、「牛肉カレー」を注文した。

ご飯と、カレーは別々の器に分けられて運ばれてくる。

カレーの盛り付けの中は、牛の塊が数個入って、他の野菜は見当たらない。香ばしい香りが、食欲を盛り上げる。

しかし、カレーはカレーだ。

好みのカレーか、それとも、思ったほどお気に召さないカレーか、とにかく、それでも食べてしまうのが国民食といわれているカレーの凄さだ。

スパイスも、それほど、気にならない、家庭で作るカレーに近い。

この店はカレーの専門店だ、確かにうまい。

納得できる味だ。

また、他の種類のカレーを食べてみたい。

そんな感じの、カレー店でした。

 

Nagasawamagazine編集部・2017・3・22