NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

ワインバトラー・ニールのライフワーク Part 40

純粋なテイクアウトと無断な持ち帰り

箱根の六月は紫陽花がきれいです
箱根の六月は紫陽花がきれいです

6月の箱根は紫陽花が綺麗です。

さて、先日、後輩の子とゴルフの打ちっぱなしの練習に行きました。

私の行くところは小田原か御殿場のゴルフ練習場ですが、御殿場より小田原の方が割安なので、そちらに行くことが比較的多いです。

又大抵は2時間、打ち放題で1.500円くらいの料金になります。ゴルフの腕前?聞かないでください。(笑)未だ始めて1年半くらいですからご想像にお任せいたします。練習に行くときは後輩と行くのですが後輩といっても年齢が私よりも下なだけでゴルフ歴は彼らの方が上です。大抵は私を含めて3人で行きます。

一人は20代中半、もう一人は40代前半で、20代の子は私同様に、へたっぴです。40代の人はとても上手です。しかし20代の子はジャストミートすると270ヤードを軽く飛ぶパワーがあり、ガンブリ(思いっきりクラブを振る)すると凄いんです。見ていて惚れ惚れします。40代の方は飛距離も安定はしていますが滑らかなスイングでコースに出ても80台で回ってきます。本当に上手です。

よ6月の箱根は紫陽花が綺麗です。

さて、先日、後輩の子とゴルフの打ちっぱなしの練習に行きました。

私の行くところは小田原か御殿場のゴルフ練習場ですが、御殿場より小田原の方が割安なので、そちらに行くことが比較的多いです。

又大抵は2時間、打ち放題で1.500円くらいの料金になります。ゴルフの腕前?聞かないでください。(笑)未だ始めて1年半くらいですからご想像にお任せいたします。練習に行くときは後輩と行くのですが後輩といっても年齢が私よりも下なだけでゴルフ歴は彼らの方が上です。大抵は私を含めて3人で行きます。

一人は20代中半、もう一人は40代前半で、20代の子は私同様に、へたっぴです。40代の人はとても上手です。しかし20代の子はジャストミートすると270ヤードを軽く飛ぶパワーがあり、ガンブリ(思いっきりクラブを振る)すると凄いんです。見ていて惚れ惚れします。40代の方は飛距離も安定はしていますが滑らかなスイングでコースに出ても80台で回ってきます。本当に上手です。

よく観察していると20代の子の練習スタイルは兎に角どのクラブを持ってもガンガン振りますというか振り続けます。だから打ち放題コースを選びます。40代の方は、大体、一籠、いくらのコースを選びます。まづは体を温めて数級打ち終わると。腰掛けます。そして主むろに立つとドライバーで打った後、3分くらい置いてウッドで打ちます。又1分くらい置いてユーテリティーやアイアンで打ちます。

その後、ピッチングウエッジで打ちます。もうゴルフの経験がおありの読者でしたらわかりますね。そうなんです、彼はコースに出て回っていることをイメージしながら練習をしているのです。打って次の球を打つまでも時間も計算しています。なるほどな!と思いました。

私ですか、もちろん20代の子と同じ振り回してはあ~でもない、こ~でもないと言いながらやっていますが、この練習の仕方を見てから自分なりに改善しようと思いました。やっぱり上手な方には上手になった訳があるのです。そこをしっかり把握しないといつまでもへたっぴのままですね。

さて、練習が終わると、私としてはすぐに帰りたいのですが車で一緒に行っている以上、この20代の子に付き合わないといけませんのでこの子が帰りに寄りたいところに同伴します。といっても、今はリゾートホテルの山の中の暮らしなので食料品、生活必需品の買い出しでスーパーとかに行くのですが彼は若いのでお腹が空くのが早いのでハンバーガのドライブスルーによく行きます。

チーズバーガー4つとか平気でペロリと平らげます。私なら1個で十分でが・・・。く観察していると20代の子の練習スタイルは兎に角どのクラブを持ってもガンガン振りますというか振り続けます。だから打ち放題コースを選びます。40代の方は、大体、一籠、いくらのコースを選びます。まづは体を温めて数級打ち終わると。腰掛けます。そして主むろに立つとドライバーで打った後、3分くらい置いてウッドで打ちます。又1分くらい置いてユーテリティーやアイアンで打ちます。

その後、ピッチングウエッジで打ちます。もうゴルフの経験がおありの読者でしたらわかりますね。そうなんです、彼はコースに出て回っていることをイメージしながら練習をしているのです。打って次の球を打つまでも時間も計算しています。なるほどな!と思いました。

私ですか、もちろん20代の子と同じ振り回してはあ~でもない、こ~でもないと言いながらやっていますが、この練習の仕方を見てから自分なりに改善しようと思いました。やっぱり上手な方には上手になった訳があるのです。そこをしっかり把握しないといつまでもへたっぴのままですね。

 

ホテルの朝食は魅力的です、思わず沢山手に取ってしまいます。

しかし、礼儀だけは忘れないでね、

こういうファーストフード店は、私のような年齢で子供もいないためもある、こういう機会がないと来ないので、見ていると、つい癖で、「オーダーし終わってから何分で出てくるのだろう」と計っていましたら2分かかりませんでした。まぁ、オーダーがあれもこれもと種類があるわけでは無かったので早いのも当然ですが、やはり感心しました。衛生面もしっかりしていますしマニュアルもしっかりして人員がそろっていればこのファーストフードのハンバーガー店では1分もかからないで出てきます。

テイクアウト(持ち帰り)も凄いスピードだなと感心しました。重複しますが後は衛生面ですね。しっかりしていました。テイクアウトとは食中毒の危険を回避する工夫がないといけませんので安心して持ち帰りができるのはうれしいことです。

ところでホテルや街のレストランでは基本的にお持ち帰り(大概は食べられない分を)は、させません。どうしてもという場合でも止めてもらっています。少し昔では、「犬へのお土産=ドギーバック」といって、アルミやプラスティックの箱に入れて持ち帰り可としていた時もありました。今は衛生上、厳しくなっていますからほとんどが不可となっています。

ところで以前、長崎のハウステンボスがもう何十年か前にオープンした時に業務応援(手伝い)に行ったことがあります。その時に1階に朝食はブッフェのレストランがありました。夏休みと重なって毎日が多忙でしたが、今となっては懐かしい思い出です。

朝食は、予約は不可で来店順にご案内の入り口の案内をやり、夜は鉄板焼きのレストランでソムリエをしていました。朝食は7時のオープンでしたが、30分もするともう満席です。それから入場制限がかかり長蛇の列となります。席が空くと、ご案内して飲み物はコーヒーか紅茶か、そして紅茶はミルクかレモンか伺います。いずれをオーダーされてもウエイターやウエイトレスの送る合図がありまして、コーヒーならコーヒーの合図を送ると彼らが準備してくれます。

私たちは次の案内のために入り口に戻ります。コーヒーが出てくる間、お客様が食事をとりに盛り卓(ブッフェボード)に料理を取りに行くわけですね。あるときこんなことがありました。次のお客様を案内できずにレストランの入り口で、入場規制をしていたところ、次のご案内予定のお客様から私に、以下のように声をかけられました「お兄さん!あの席、とっ、とっ、と!」と。私は、一瞬????

すると再び、「だからね!お兄さん!あの席、とっ、とっ、と!」と。

そうしましたら近くにいた若い地元のスタッフが、「お客様、あのお席のお客様は今、料理を取りに行ってますから、います!」と言って私をフォローしてくれました。

つまり「あの席、とっ、とっ、と。」というのは、通訳すると、「あの席は何か理由があって?人がいないようだけど、取っておいてあるのですか?」という意味だった訳であります。九州弁というか訛りというかそういうものだった訳であります。

読者の皆さんも気が付いた方は鋭いですが私には無理でした。

でもよいですか、ちょっと聞いてください。「あの席は何か理由があって?人がいないようだけど、取っておいてあるのですか=たった3語の、とっ、とっ、と。」の3語に集約してしまうのって、ものすごいことだとは思いませんか?

 

話を戻しますが、そんな忙しい中でも休みの日は、ハウステンボスの中を見には行きました。見には行きましたという言い方は、つまり何かアトラクションや食事をするわけではなく、どんなものだろう?と純粋に見学に行ったということです。

開業当時は、大人向けのアトラクションが多く、子供向けではないような気がしました。ハウステンボスの中をぶらぶら歩いているときにある親子にすれ違いました。何やらバッグの中から出して歩きながら食べているようでしたが、よくよく見るとうちのホテルの朝食バイキングで出しているクロワッサンとチョコチップが入ったパンでした。私はそれを見て「あ~、うちの朝食ブッフェのパンを密かに取ってカバンに入れて持ち帰ったな!」と思いました。そのころはノロウイルスとか無かったので持ち帰りも緩かったというか見て見ぬふりでしたからこういったゲストも多かったのかとは思います。でも基本、お持ち帰りは禁止です。「何故?」と思われる読者はよく考えていただきたいのですが、どうしても食べられなくって持ち帰ったというならいざ知らず、余分に取ってお昼の足しにしている。

それでは一泊二食付きでは無く、一泊三食付きと同じであります。パンは別途、パン売り場があるので、そこで買うべきであり、余分に持ち帰るものではありません。お客様の皆さんが皆さん同じことをしたら、朝食ブッフェのパンがいくらあっても足りなくなってしまうでしょう!

 

さて月日は流れ今、私が勤務しているところでも朝食ブッフェのパンやお惣菜などを持ち帰る方たちが何名かいらっしゃいます。

都度、見つけると注意しますが、もう取ってしまったものを返せとは言えませんから次回からやめてください、次回からは、宿泊自体のご利用をお断りすることになりますよくらいの言葉は付け加えます。

ひどい方はあの手この手で食材を持ち帰ります。用意周到にビニールや容器を隠し持ち入店して袋に詰め放題詰めて持ちかえります。もっとすごい方はミネラルウォータやコーヒーをマイホットに詰めて持ち帰る方もいます。

あるとき、こんな方がいました。スタッフがあの方、タッパウエアーを持参しているようですと耳打ちしてきましたので見ているとコソコソ食材をテーブルの下で詰めていました。お持ち帰りは基本、痴漢撃退と同じで現行犯で抑えるしかありませんから詰めているところを現認して問い詰めます。ものの見事に食材を詰めているところを現行犯で捕まえてこう言いました。「お客様、ブッフェのお料理とパンなどは衛生上、お持ち帰り禁止です。しかしながらもう詰めてしまいましたのでそれをボードに戻すわけにはいきませんからそれはお持ち帰りいただいても結構ですが、二度としないでください!」といいましたら、次のように切り返してきました。「子供が食べ残したものを申し訳ないからタッパに詰めているだけです。いけないのですか?」と。私はこのように言い返してこられるゲストには「衛生上の問題です、申し訳ないとかの問題ではなく、持ち帰りその食材で腹痛を起こされることも考えられますから」とやんわり言いますが、この時は、目の力の入れ具合いから逆切れ一歩手前と判断しましたのでこう言い返しました。「ではお聞きいたしますが、最初から、何故?タッパ持参で、ダイニング食堂にいらっしゃるのですか?仮に残して申し訳ないというならば、お子様が食べられる量は親御様であるお母さまが一番、ご存じのはずですね。食べられる量はおよそわかっているのに持ち帰りの容器をあらかじめ持参してここにいらっしゃる理由を教えてください」と聞きましたら黙ってしまいました。

あ~でもない、こ~でもないと理由をつけても、その卑しい行為には、釘を刺さねばいけない立場なのでそう対応しました。

 

朝食が終わるとチェックアウトを手伝いますがその日はたまたま、用事があり別の仕事でチェックアウトを手伝いませんでした。お昼ごろスタッフが私のところにきて報告してくれました。〇▽◇室のゲストなんですが、チェックアウトの際に、「昨日の天ぷらが味がしなかった、調理人にどうしてあんな味のない天ぷらなのか説明してくださいと女性がクレームを言ってきましたので料理長が対応してくれました」と。よく調べたら朝食時に私が持ち帰えりでお灸をすえたゲストだったということがわかりました。

簡単にいうと私に、朝食時に言われっぱなしだったのが悔しかったのでしょう!最後くらいは抵抗したかったようですね!私からしたら、かわいいもんです、それくらいは。

それならば昨夜の天ぷらの味がしないというのは、昨夜、喫食した時に、そう申し出ればよいのであるし、こちらも又作り直してお出ししますから。

かわいいというよりは惨めで哀れで意地っ張りとしか私には思えません。フロントの対応したスタッフには嫌な思いをさせて申し訳なかったので事の経緯を教えました。

又次回そんなことがあったら、すぐに呼びなさいとも伝えました。それで、こう言ってあげるからと次のように言いました。「天ぷらの件はお口に合わないようで申し訳ありません。深くお詫びいたしますし次回からその場で言っていただければ作り直しますのでよろしくお願いいたします。でもチェックアウトで皆様が並んでいらっしゃる最中に20分もこの件でほかのゲストを待たせてしまうという、ご迷惑が掛かりましたので、私どもも見逃したそのご持参のバッグの中にあるパンとお惣菜はここで回収させて頂きます」と。

色々なお客様がいらっしゃいますからこういった対応の一つも、サービス業の醍醐味ですかね。逆切れのかたも沢山いて怖いですよ!あなたならどう対応されますか?

ちなみにノロウイルスはパンの表面には、とっても付着しやすい食材ってご存じでしたか?現場は、嫌みや嫌がらせではなく、誰の安全を最優先していると思いますか?そうゲストである無断でお持ち帰りになられるお客様なんですよ!早く気が付いてください。30年以上、この職業に従事してきましたが最近は特に食の安全を祈願する毎日です。

 

by ニール