NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

ワインバトラー・ニールのライフワーク Part 22

どうぞ、ごゆっくり!と、顧客との付き合い方と距離感!

12月になると街はクリスマスイルミネーションで満たされます。早いところは10月のハロウインが終わると11月から装飾が始まりますが、もとを辿れば、デパートのクリスマス商戦が始まりでこれにホテルや公共施設も合わせて装飾が始まりました。でも11月からクリスマスって、フライングのしすぎかと思いますけど。私が都内のホテルに勤務していた頃は、クリスマスというと、何処もかしこも、クリスマスディナーを用意していました。大概は22日~25日の4日間で、殆どのホテルのレストランはこのメニュー1種だけのご用意となります。また、予約はかきいれどきなので、大概は2部制となり、18:00~20:00と20:30~22:30の予約受付となります。親切なところならば、メニューは2種類ありますが、ほぼ満席になりますので通常は1種類でした。価格は私が勤務していた頃は、20.000円でした。ですから通常ご来店されている常連客の方達は、アラカルトがないので、つまり、普段のように、メニューに載っていない裏メニューも作って頂けないので一人もご来店することはありませんでした。

でも良く考えて見てください。18:00~20:00と20:30~22:30の予約受付って最初の18:00のゲストには20:00には帰ってくれ!ということですよね!そして22:30からのゲストに備えるためにテーブル回りを綺麗に整えなくてはいけないのです。では、入店の際に、私達、店側のスタッフは、「いらっしゃいませ!ご予約有難う御座います!お席にご案内致します。どうぞ、ごゆっくり!」と言っていますよね。でもごゆっくりされたら、次の2部目のゲストの案内が出来ませんから、困る訳です。つまり、このお迎えのご挨拶は、ゲストに対しては、時間内で食事をさせてしまうという申し訳なさが何ら感じられない杓子定規な挨拶と言えるのではないでしょうか?レストランのマネージャー(責任者)もせめて売上が前年よりオーバーしないといけないという気持ちが強いため、良く私には、シャンパンやワインをガンガン売って下さいと懇願します。レストランを回転させることと売上を伸ばすことしか考えていないとしか言いようがありません。第一、一見さんの様なクリスマスしか来店しない様なお客様に20.000円の高価なディナーを売って、飲み物だってグラスのシャンパンが2.000円、ボトルで12.000円を頼むと思いますか?せいぜいグラスか、ハーフサイズくらいが良いところとなります。もう完全に、ゲストの気持ちやお財布の中身を無視したお店からのゴリ押しの典型的なプロダクトアウト型です。せめて、「どうぞごゆっくり!」なんて言わなければ良い!と私は思います。

この2月号の原稿は、2019年12月18日に書いていますので、ご周知をお願いいたします。

さて、12月16日にMRIの結果を元に再びどの様に対処してゆくのか話に行きましたが、癌は肺のみならず他の場所にも転移しており、年齢が84歳と高齢なため、放射線治療も切除も出来ず投薬のみで終わりですが、この総合病院でも、もう対処が不可能なため近所のお医者様で薬を処方してもらってくださいと言われました。まぁ、何とも言えない気持ちにはなりましたが、父親が席を外した時に、弟が、「先生の見立てではステージいくつですか?」と聞きましたら「4のB」と言われました。およそ覚悟はしていましたが、「後、どれくらいですか?」と聞きましたら、「2~3か月」と言われましたので、「わかりました」と言って病院を後にしました。

父親は「俺のうちの家系には癌で亡くなったものはいないんだが・・・」としきりに言っていましたので、私は父親に、「今ではペットも癌になる時代だからね!誰がなってもおかしくないよ!」とだけいいましたら「そうか~、そうだよな!」と言って黙っていました。心なし父親が一回り小さくなった感じがしました。

私の父親は大人しい性格で人の面倒見も良い方で、戦中は疎開した経験もありますが、その後、昭和の高度経済成長の時代をサラリーマンとして勤めあげてきました。しかしながら良いところもあれば、欠点もあるのは事実で、子供の頃から、ガキ大将で、社会人になるまでは色々、やんちゃぶりを発揮していたようです。社会人になってからは出張も多く、月の半分は家にいませんでした。そこで覚えたのが賭けマージャン、ゴルフや競馬、競輪等の賭け事に夢中だったようです。家族にも迷惑をずいぶんかけて来ましたが、人柄が良い、基本姿勢は変わらないので、なんか憎めない人間だった様に思いますし、兄弟や親族が助け舟を出して乗り切ってしまうハラハラものの波乱万丈の生活を60歳の定年までやっていました。

あるときに仙人が教えてくれました。そのような賭け事を好むような父親を持つのも、あなたの父親が悪いのではなく、あなたの前世のしたことが元になって、父親が反面教師となってあなたの前世の、わるいところを見せてくれているのであるから、あなたが元々の原因なのですよ!と。確かに、私がこの父親の子供になって生まれてきたことのは訳がある。訳、理由がなければこの父親の子供にはなりません。選べるのであるならばお金持ちの父親、セレブのような父親から生まれたかった(笑)。でも実際は選べない訳でそれは皆さんのご家族を考えれば同じかと思います。さらに、何故、父親が改心できず継続してかけ事をやるのかというと、実は、父親と夫婦になった母親に原因もあります。母親は、いつも帰って来ない父親に仕事だから仕方ないと思いつつも、心のなかで、「あんな親父は父親じゃない、体が動かなくなったらいつか蹴り飛ばしてやる!」と言っていましたし、しょっちゅう喧嘩まがいの口論をしていました。しかし子供ながら観察していると面白いもので、父親の方はどちらかというと何を言われても平然としていましたが、熱くなっているのは母親の方でした。

仙人は又教えてくれました、奥さんが家の中でカッカして勝気な言い方や態度をとっていると、外で、その夫さんは勝気な事を自然とやるようになるんだよと。つまり「勝たないかなぁ!勝たないかなぁ!」と思いながらやる賭け事に手を出していくのだよ!とも教えてくれました。確かに合っています。私の母親のいつも使う言葉に、「じゃぁ!賭けようか?」というセルフがあります。「このあいだ、テレビで〇〇さんが確かこんなこと言っていたよ!」と私が言うと、「そんなことはない、じゃぁ、賭けようか?」というような感じでいつも勝気でこの言葉を使っていました。そんな母親に限って体も丈夫ではなく、専業主婦でいつも家にいるのに、調子が悪くて寝てばかりの母親であるのにも関わらず、エバっていました。皆さんのご家庭ではこんなことはないでしょうが・・・。

戻って、60歳で定年後は落ち着いた父親ですが、癌になるとは心から思っていなかったようですが、癌になるにも理由があります。奥さんが家で勝気なら、旦那さんが外で勝気な賭け事をするがごとく。でもこれには深い訳があるので綴れません。前々回では数字の世界を紹介しましたが、世の中は音(おん)や言葉(ことだま)の世界でもあるというのは、いつかお話したいと思いますが、それにも関係があります。

癌は、「ガン」ですが、「鴈」という鳥はわざわざ寒いところ寒いところ飛び渡りますね。「ガン」というんのは「頑固のガン」とも通じます。これだけしか今は言えません。又前述した賭け事は、勝つつもり勝ちたい気持ちでやるので「勝たないかなぁ! 勝たないかなぁ!」と思ってやる訳ですから、「かたない=形ない」つまり家とか財産とか形あるものがドンドン無くなるようなことが起きてきます。もちろん限度を超えればのお話ですが。そしてついには、人間としての形、つまり姿形が無くなるという事は死ぬことにも通じてしまいますし、形が満足でない様なことが沢山起きてきます。想像にお任せ致しますが。

父は加齢により、癌細胞からくる痛みは今は無いようですが、せめて、痛みだけは余り感じることなく見守ってあげたいとは思っています。

皆さんがこの原稿を読む頃が時期かもしれません。「オリンピックは観たいなぁ~」と寂しそうに呟いた父の言葉が今後も心に残るかも知れません。今生の別れは着実に近づいています。

今回はかなり個人的なことを綴りましたがお許しください。

 

byニール