NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

深江賢に聞く~回顧録スペシャル~
洒落おやじの青春取材記 工藤
特集記事 ANA

日本酒道楽 64     酒好 一男

統計史上最速の梅雨明け~西沢渓谷

こんにちは、酒好一男です。

 

あっという間に梅雨が明けましたね。関東甲信越地方の6月中の梅雨明けは統計開始以来最速だそうで、今年の夏は長そうです。

予定はしていたのですが、さっそくでかけてきました。先日の「嵐にしやがれ」で桜井君が行っていた「ほったらかし温泉」です。日の出を見るのが有名らしいので、23時に下町を出発し、1時30分に付近にある笛吹川フルーツ公園に到着。4時30分予定の日の出を待つことにしました。駐車場の周りには同好の士がたくさん。人気を感じさせます。

休むこと2時間。ほったらかし温泉の駐車場は日の出1時間前に開場しますので、そちらに移動。

自販機で入場券を買い(大人800円)、営業開始を待ちました。

星はいくつか見えるものの、雲が多く、日の出は期待できません。4時に開場し、露天風呂の手前にある洗い場で汗を流し、手前と奥にある露天風呂に向かいます。手前は少々熱め、奥はぬるめのお湯です。

私はぬるめの湯を選び、日の出を待ちますが、山と雲の間に少しある隙間がオレンジ色になったかと思うとすぐに黄色になってしまい、日の出タイムは終了しました。もちろん富士山も見えませんでした。

西沢渓谷

 

この時点でまだ朝の5時です。このまま家に帰っても8時くらいなので、付近の観光地を検索。いつか登りたい日本百名山「甲武信ケ岳」の登山口でもあります。

とりあえず「道の駅みとみ」まで行き、そこで2度目の仮眠。2時間ほど寝た後、西沢渓谷の無料駐車場に車をとめ、8時30分に出発。

この渓谷は滝が多く、一番奥には「日本の滝百選」に選ばれた「七ツ釜五段の滝」や「三重の滝」などがあり、エメラルドグリーンに見える水がとてもきれいです。

往路、復路で道が異なり、往路は渓流わきの岩場や急登なところがあったりとハイキングというよりプチ登山な感じでしたが、復路は塩山まで木材を運んでいたトロッコ道跡を下るので、なだらかな道でした。ふだんの登山だと下りがキツく、筋肉痛の原因となっているので、これは助かりましたね。

(cap)左から、七ツ釜五段の滝、竜神の滝、カエル岩

真ん中の「竜神の滝」は枝が竜の角に見えますね。右の岩はカエルに見えなくもないです。

歩き始めは曇っていたので、少し肌寒いくらいでしたが、折り返し後は気温も上がり、汗だくになってしまいました。このあとにほったらかし温泉に行ったほうがよかったですね。

この時点で12時30分。昼食は2016年にも行った「勝沼ぶどうの丘」に行き、ほうとうを食べて帰りました。

山梨の酒「七賢」

 

 今回もまた日本酒の話がなかったので、山梨の日本酒「七賢」を紹介します。「七賢」を醸す山梨醸造は今回行ったほったらかし温泉のある山梨市に微妙に近い北杜市にあります。北杜市といえば、今回生産中止で高騰しているサントリーのウイスキー「白州」の工場があります。それだけの水どころといえますね。

創業は1750年、1925年に会社となりました。

純米大吟醸、純米吟醸はもちろんなのですが、スパークリングが絶品です。

私が通う京橋の名店では以前、獺祭スパークリングをシメにしていましたが、最近取り扱いをやめて、この「七賢スパークリング 山の霞」にしております。

発泡が少し強めで、ピリリと旨い一本です。

 

それではまた、酒好一男でした。