NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

編集長 永澤洋児
深江賢に聞く~回顧録スペシャル~
洒落おやじの青春取材記 工藤
特集記事 ANA

日本酒道楽 62

正宗な酒  「桜正宗」      酒好 一男

正宗な酒

 


こんにちは、酒好一男です。

 

今回は、日本酒ネームにありがちな「正宗」についてです。この連載の第一回に使った写真も「山形正宗」ですし、日本で最も有名な酒と言えば「月桂冠」「松竹梅」に加えて「菊正宗」が挙げられるでしょう。

しかしながら、一番最初に「正宗」という名前を付けた酒蔵をご存知でしょうか。それがタイトルに使用した「櫻正宗」なのです。

東京ではあまりなじみがないと思いますが、鶯谷にある歴史的居酒屋「鍵屋」さんではこの銘柄を扱っています。では、なぜ「正宗」という名前が流行ったのでしょうか?

ずるいですが、櫻正宗のHPから、その由来を抜粋してみました。

 

●櫻正宗株式会社のHPより

 

江戸時代には、灘酒は「猿若」、「助六」等多くは俳優に関する名前を酒銘としていました。 櫻正宗もまた創業の頃は俳優の名を取って「薪水(しんすい)」と言う酒銘にしていましたが、 家祖は常に灘の酒銘が女性的で酒客の嗜好に投じないので、 醸造法の改良に苦心するとともに時代に応じた命名を考えていました。

ある日家祖がかねてより親交のあった山城国深草の「元政庵」住職を訪ねた時、 机の上に置かれていた経典に書かれた「臨済正宗」の文字を見て、「正宗(セイシュウ*)」が「清酒(セイシュ)」に語音が通じる事から、 「正宗」を樽印としたのが始まりです。 (* ただし仏教読みでは「セイシュウ」ではなく「ショウシュウ」となります)

最初は「セイシュウ」と読ませるつもりでつけたのでしたが、 人々は「セイシュウ」と呼ばずに「マサムネ」と唱え、「マサムネ」が一般の呼び名となりました。 天保11年(1840)のことでした。

明治17年(1884)に商標条例施行の折、当蔵元は「正宗」と登録しましたが、 政府は「正宗」を使用した酒銘が多い事を理由に「正宗」を普通名詞としました。 そこで「正宗」に国花である櫻花一輪を配し「櫻正宗」と名付けました。

 

●櫻正宗の美味が評判となり、全国に広がる

 

櫻正宗自体は1717年創業で、1840年(天保11年)に奇跡の水「宮水」を発見して醸された日本酒に名付けられた「正宗」が、灘だけでなく江戸で美味しい日本酒の代名詞となったことで、同時代に創業した酒蔵がこの「正宗」を冠することにしたのではないかと思われます。櫻正宗の「正宗」に使われている書体が同じように使われている日本酒も多く、天保に創業した酒蔵のほかにも、ざっと調べただけでこれくらいありました。

写真は私が飲んだことのあるものです。

十和田正宗 鳩正宗(青森県)

沖正宗 澤正宗 山形正宗(山形県)

 

由利政宗(秋田県)、笹正宗(福島県)

朝日正宗 牡丹正宗(茨城県) 

国光正宗 十一正宗 雄東正宗(栃木県)

 

 

武甲正宗 旭正宗 金大星正宗(埼玉県)

 

 

 

 

甲子正宗 稲花正宗(千葉県)

丸眞正宗(東京都、残念ながら製造をやめてしまいました)

鮎正宗 お福正宗 スキー正宗 初日正宗 不二正宗(新潟県)

 

手取川正宗 福正宗(石川県)

 

 

 

 

 

 

羽二重正宗 気比正宗 竹正宗(福井県)

榊正宗 登美正宗 笹正宗 友泉正宗 甲州正宗 開運正宗(山梨県)

姨捨正宗 桂正宗 養老正宗 

アルプス正宗 北光正宗(長野県)

達磨正宗 斐太正宗(岐阜県)

白隠正宗(静岡県)

 

名古屋正宗 酔泉正宗(愛知県)

キンシ正宗(京都府)

浪花正宗(大阪府)

菊正宗 櫻正宗 大黒正宗 千鳥正宗(兵庫県)

三朝正宗(鳥取県)

ヤマサン正宗 簸上(ひかみ)正宗 高正宗(島根県)

三光正宗(岡山県)

菱正宗 三吉正宗(広島県)

山丹正宗(愛媛県)

土陽正宗(高知県)

鷹正宗 ミヨシ正宗(福岡県)

天眞雪正宗(大分県)

薩州正宗(鹿児島県)

 

正宗のほかにも「錦」や「鶴」、「桜」なども多いと思いますが、これらの由来も研究をしていきたいと思います。

 

それでは、酒好一男でした。