NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

編集長 永澤洋児
深江賢に聞く~回顧録スペシャル~
洒落おやじの青春取材記 工藤
特集記事 ANA

日本酒道楽・酒好一男 第11回

若き蔵人

こんにちは、酒好一男です。

先日、永澤編集長のお供でANAの日本酒選考会に伺いました。

 

一歩己

酒好きの私にとってはたまらない会だったのですが、その中で目についた銘柄が「一歩己」(いぶき)です。
「一歩己」を醸すのは、福島県会津の豊国酒造の矢内賢征氏。なんと27歳。
全国新酒鑑評会では8年連続金賞受賞。これは福島県では県内最多を誇ります。こんな若い蔵元が全国で増えています。

松みどり

神奈川県中澤酒造で「松みどり」を醸す11代目社長の鍵和田亮氏。

こちらも27歳。

 宮城県の「一ノ蔵」で修業中に震災を経験。

その後、実家に戻り、9代目、10代目と

3代で酒造りに取り組んでいます。

宝剣と而今

30代も負けていません。

NHKで放送され、幻の日本酒となった広島県「宝剣」を醸す土井鉄也氏は地元でも有名な元不良()で38歳。

 酒好一男のイチオシ、三重県「而今」の大西唯克氏は34歳と、新しくて美味しい日本酒を目指してがんばっています。


編集長から

酒好一男、完全にnagasawamagazineのメンバーです。
貴重で才能あふれる編集者がレギュラーとして参加してくれることは力強いです。
勿論、酒以外も彼の力が必要です。
カメラマンとして、飲み友達として期待してます。