NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

編集長 永澤洋児
深江賢に聞く~回顧録スペシャル~
洒落おやじの青春取材記 工藤
特集記事 ANA

日本酒道楽 57

ボジョレーヌーヴォー2017

酒好一男・57

 

 

ボジョレー・ヌーヴォー2017

こんにちは、酒好一男です。

 

2年続けてリーズナブルなヌーヴォーの記事を書きましたので、今年も引き続きリーズナブルなヌーヴォーを試してみました。

今年の解禁日は11月16日。まったく盛り上がりにかけていましたね。しかしながら、当然残っていると思って翌週21日に西友に買いに行くとワイン売り場にはその姿はなく、冷凍食品売り場に何本か並べられて10%引きのシールが貼られていました。例年通り元から970円(税抜)なので、まあ、お得でよかったんですけどね。

「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」

毎年話題になるキャッチフレーズですが、一昨年は「記憶に残る素晴らしい出来」、昨年は「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」。

そして今年は「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい 」。

あいかわらず意味がわかりませんが、天候的には荒れていたようですが、好天も多く、満足できるものになったようです。

例年どおりプラボトルのスクリューキャップをひねります。今回は24時間営業の西友の店頭で買ったのが夜だったので、そのまま持ち帰って開栓です。

色は若干濃い目の赤です。軽やかな味わいの中に、説明書きのようにイチゴのような香りがふわっと広がりました。甘味はあまりなく、昨年よりも飲みやすい印象です。

この安いヤツ(と言っても、普通のワインより割高ですが・・・・・)はすでに売り切れているようで、景気の回復を若干感じますが、他の高いヤツは残っているようですので、ぜひお試しを。

 

酒好一男でした。