NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

匠の技、ルーヴァー 7-a

オーソドックスを知る匠の技

Clothes shop / Shoji Igarashi

洋服屋・五十嵐 司

服のオーダーメイドが変わった。

20世紀には、街に「洋服屋」が多く存在していた。

正統を知る大人たちの「服装術」を満足させてくれる、「作り手」技術を持ち、その人に合った「正しい服」「美しい服」「オシャレな服」「自分だけの服」大人の満足がそこには存在していた。

しかし現在はない、街を歩いていても「洋服屋」にお目にかかれない。

大学を卒業して社会人の門をくぐる、その象徴が「背広」だ。

定番スーツを作り、着る、嬉しさが始まる。

そのためにあるのが「街の洋服屋」、服の匠の技が光るときだ。

しかし現在は、その姿はない。

いま、洋服の本質を語るつもりはない。

ただ、洋服の専門家が少なくなっていることを語りたい。

服屋と自分、いずれオーダーをして服を創ることを覚える。

「オーダー・メード」の世界だ。

大人になる上での通過点が「オーダー・メード」、「正しい服」に到着していく。

 服の「匠」の技を持つ一人の洋服屋がまだ存在している。

南麻布・「アトリエ・ルーヴァー」50年近くこの場所で「服」の正統を守り続けている。「匠」の服は「正しい服」の伝統、いまも守っている。

プレタポルテの流れが、男たちの視点が変わった。

アルマーニ、ヴァレンチノ、ヴェルサーチ、などイタリアの紳士服の潮流が支配して、いつの間にか「男の正統」が廃れてきた。

現在も、「オリジナル・オーダーメード」服は無くなったように思える。

「古さ」や「伝統」ではない、オーダーメードは服はこうあるべきだというテイストを守ってきている。

今こそ、遊び心が服に表現さるべきだと信じる。

それこそが「オーソドックスの服」そのものだ。

いまこそ、「匠」に自分のスタイルを任せてみるときではないだろうか。

 

企画・取材・写真・nagasawamagazine・編集部

Craftsmen knowing orthodox

Clothes shop / Shoji Igarashi

The custom made of clothes has changed.

In the 20th century, there were many "clothes shops" in the town.

"Clothing" skill that will satisfy the "clothing art" of adults who know legitimate, "the correct clothes" "the right clothes" "beautiful clothes" "fashionable clothes" "their own clothes" adults Satisfaction existed there.

But there is no present, even if you are walking in the city you can not see "clothes shop".

It's a symbol of "suitsu" that goes through the university and goes through the gates of society.

Make and wear a classic suit, joy begins.

For that reason there is a "clothing store in the city", when the skill of the clothing artisan glows.

But now there is no such figure.

I do not mean to talk about the essence of clothes right now.

However, I would like to tell you that clothes experts are getting less.

I remember to make clothes by placing orders with clothing stores and myself.

It is the world of "order · made".

The passing point on becoming an adult will arrive at "order · made", "correct clothes".

 There is still a clothing shop with a technique of "clothing" of clothes.

Minami Azabu · "Atelier · Louvar" It has been keeping the orthodox of "clothes" at this place for nearly 50 years. "Takumi" clothes still keep the tradition of "correct clothes".

The flow of the pretaporte changed the viewpoint of the men.

Trends in Italian menswear clothing such as Armani, Valentino, Versace, etc. dominated, unquestionably "orthodox" has gone away.

Even now, it seems that "original · custom-made" clothes are gone.

It is not "antiquity" or "tradition", tailor-made is keeping the taste that clothes should be like this.

Now I believe that playfulness should be expressed in clothes.

That's the "orthodox clothes" themselves.

Right now it is time to leave your style to 'Takumi'.

  

Planning · coverage · photo ·

nagasawamagazine · editorial department