NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

贅沢な居心地

ホテル・ガンズヴォートミートパッキング

 

今や、ニューヨークの街は新しい姿で観光客を喜ばせている。

「ホテル・ガンズヴォートミートパッキング」は数十年前までは、ミートマーケット地区としてニューヨークの人たち肉市場があったところだ。

その場所に、新進デザイナーたちによって肉の倉庫を改装して新しい店舗が次々と生まれオープさせてきた。

治安が悪さで有名だったその地域がニューヨークの新しい観光エリアに生れ変わった、そして、ソーホー地区のように最先端のファッション街として注目を集めている。素敵なカフェ、贅沢なレストランなどニューヨークの若者たちの勢いは昔の肉市場を完全に忘れさせている。

 

ホテル“ガンズヴォートミートパッキング”の登場だ。

ホテルは超豪華ではない、マンハッタンの中心にあるホテルというより温かさ、やさしさが全館にあふれている。

部屋には様々な香りがたかれ、癒しの贅沢感を覚える。

特に、屋上ルーフトップにあるラウンジやポールから眺めるハドソン川や、ニューヨーク中心街、セントラルパークの夜景が楽しめるのがうれしい

何より、プールが屋上にあるのが贅沢だ。

中心地からは少し離れているが、むしろ、夜の喧騒から逃れた本当のニューヨークが味わえるホテルだ、ゆったりとした、贅沢感あふれ、満足感を覚える。

こうしたホテルで、ニューヨークの深い楽しさに触れたい。

次回も、ニューヨーク、味のあるホテルをご紹介します。

 

企画・取材・Nagasawamagazine

写真・   阿部 寛