NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

プラハ・アリア・ホテル

Aria Hotel by library Hotel collction

アリア・ホテルの屋上のテラスから見た、プラハの街
アリア・ホテルの屋上のテラスから見た、プラハの街

旅をする時に、特に気を使うのがホテルの存在だ。

心と疲れを癒すことが、旅には一番必要だと思っている。

以前、仕事でチューリッヒ・プラハを旅した、その時泊ったホテルがある。

アリア・ホテルだ。

このホテルは、ニューヨークのホテル、ライブラリー・ホテルグループの一つだ、僕はよくニューヨークに行く、仕事以外でも友人たちに会うことが僕のライフスタイルの一つだ。

その時によく利用するホテルがある。

ライブラリーグループのホテルを利用する、フィフスアベニューの近くにある“エリーゼ・ホテル„。

また中央図書館近くにあるマディソン41番にある“ライブラリー・ホテル„など、割と小さいが雰囲気があるホテルだ。

そのグループに属しているホテルがプラハの”アリア・ライブラリー・ホテルだ。

 

プラハは、忌まわしい戦火が街の歴史に刻まれている。

しかし今は、世界一美しい街ともいわれているほど、可愛らしい赤い屋根が街を埋め尽くしている。

世界で幸せを感じる街の一つだ。

また、音楽家たちの町でもある。

モーツァルト、ドビュッシー、バッハ、など多くの音楽家たちの心が町全体を包んでいる。

 

ホテルは、有名なカレラ橋を渡りプラハ宮殿を見上げる一画に目立たないがやさしさを感じるアリア・ホテルがある。

古い様式(現在はリニューアルしてある)の細長いエントランスをくぐり、奥に大きなグランドピアノが置かれ、ミニコンサートのために美しく飾られおかれている。温室庭園をイメージしたドーム型のラウンジは、常にクラシック音楽サウンドがホテルの中を踊っている、ゲストたちを迎えてくれるために。

落ち着きのあるホテルロビーが旅人の雰囲気を盛り上げてくれる。

部屋から美しいプラハの街を眺められる贅沢は特別だ

各部屋のドアカードには名前が付けられている。

芸術家、音楽家、作家、などのカードが部屋の個性として嬉しい。

部屋の中はカードに関連した本などが置かれ泊まりながらその個性は生かされている。

芸術の雰囲気に包まれ、滞在中部屋にいながらそのカード文化に浸れられるのが最高のサービスだ。

癒される最高のもてなしはすごい。

また、ロビーの近くには暖炉ブースがあり暖かく心を優しく癒してくれる。

ホテルの建物設計は、イタリアルネッサンス様式で設計はマストナーラで知られるデザイナー・ロッコ・マランディー。

ホテルには、庭園があり、宮殿を優しく演出してくれる。

屋上のテラスから、荘厳な宮殿を観られる幸せは格別だ。

ホテルの近くにはカレラ橋、プラハ城などがあり、美しいプラハの街めぐりも堪能できる。

癒しと歴史を充分に感じられるホテルだ。旅をするならヨーロッパの歴史を感じれれるホテルを選びたい。

 

企画・取材・写真・nagasawamagazine・編集部

                       "Hotel that relaxes the heart of Prague"

                        Aria Hotel by library Hotel collusion

 

 

When traveling, it is the presence of the hotel to be particularly careful.

I think that healing the heart and tiredness is the most necessary for traveling.

Previously, I traveled to Zurich · Prague at work, there is a hotel I stayed at that time.

It's Aria Hotel.

This hotel is one of the hotels, library and hotel group in New York, I often go to New York, meeting one of my friends outside of work is one of my lifestyles.

At that time there are hotels that we often use.

It is a relatively small but atmospherey hotel such as "Elise Hotel" near Fifth Avenue, which uses hotels in the library group, and "library hotel" in Madison 41, near Central Library.

The hotel belonging to that group is Prague 's' Aria library' hotel.

In Prague the abominable warfare was engraved in the history of the city.

But now it is said that the most beautiful city in the world, the pretty red roof fills the city.

It is one of the cities that feel happiness.

Moreover, the hearts of many musicians such as Mozart, Debussy, Bach, which are the towns of the musicians are wrapping the whole town.

There is Aria hotel in one piece looking up to Prague Palace across the Carrera bridge.

The lounge where the large grand piano is placed in the back is made beautifully decorated for the mini concert, passed through an elongated entrance of the old style (now renewed).

A dome-shaped lounge which imitated a greenhouse garden, classical music sound always greets guests.

Elegance excites the atmosphere of this hotel.

Each room door card has a name.

Cards such as artists, musicians, writers, etc. are happy as the personality of the room.

In the room the books related to the cards are placed and the personality is being utilized while staying.

It is the best service to be immersed in the card culture while staying in the room, wrapped in the atmosphere of art.

The best hospitality to be healed is amazing.

In addition, there is a fireplace booth near the lobby and it gently warms and heals the heart gently.

The hotel's building design is designed by Italian Renaissance style and designed by Rocco Malandi who is known for Mustonara.

The hotel has a garden and gently gives a palace.

The happiness that you can see the magnificent palace from the rooftop terrace is exceptional.

In the vicinity of the hotel are the Carrera bridge, Prague castle, etc. You can also enjoy the beautiful streets of Prague.

It is a hotel where you can feel healing and history adequately.

 

Planning · coverage · photo ·

nagasawamagazine · editorial department