NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

シャネルの言葉学

新年を飾るファッション著名人の言葉語録

 新しい年を迎え、本コラムではみなさんのファッションに対する指針となるような言葉を集めてみた。

 

 まずは高級宝飾ブランドとして有名な、ハリー・ウィンストンの言葉。

「人はよく見ているもの、だからみる価値を与えてあげるべき」

              People will stare.  Make it worth their while.

すごく薀蓄のある言葉だ。

この言葉は、毎日のファッションの装いに対しても言葉だが、ファッションばかりではなく日常生活に欠かせない意味が含まれている。

自分を振り返って、もう一度考えて、心にしっかりと押さえておきたい。

 

またファッションデザイナーのトム・フォードは、当たり前の常識かもしれないが多くの人は割と忘れているこの言葉。

                  「きちんとした装いは、マナーのうち」

                         Dressing well is a form of good manners.

この言葉の意味を改めて言う必要はないが、仕事、人間付き合い、家庭での行動、言葉ばかりか、触れ合うことでも、この言葉の深い意味を押さえておこう。

ファッションデザイナーとして、多くの男女の心を躍らせてきたトム・フォード。

グッチ、サンローランのクリエイティブディレクターとして活躍し、その後、自身のブランドを立ち上げてきた。

才能に溢れたファッションデザイナーとして、現在も男の美学、女性の洗練さのスタイルを追及している。

 

「言葉の重さ」「言葉の素敵さ」「言葉の凄さ」言葉は何気なく発しているが、その一言、一言が、多くの人たちの胸に刺さり、心に温かさ、愛、後悔、意味のある人生を生んでいく。

 

英国、アイルランドで活躍した劇作家、小説家、詩人のオスカー・ワイルド(Oscar Wilde)は、多くの名言、格言を残している。

             「着飾ることと、教育を受けることに、やりすぎはない」

                    You can never be overdressed or overeducated.

 

グレース・ケリー、エリザベス・テイラー、オードリー・ヘップバーンなどハリウッド女優の衣装を手掛けた伝説的デザイナー イーディス・ヘッド(Edith Head)の格言

 「人生でほしいものを、手に入れようと思ったら、それに見合う服装をすべきだ」

              You can have anything you want in life it you dress for it!

 

キモラ・リー・シモンズ(Kimora Lee Simmons)

モデル、実業家、日系人ともいわれているが定かではない。

しかし、アメリカでは影響力のあるレディだ・

             「いつも自分の最悪の敵に会いに行くつもりで装うこと」

          Always dress like you’re going to see your worst enemy.

 

そして、万人が納得、認める、シャネルの言葉学がある。

「かけがえのない存在になるには、常に人と違っていなければならない」

In order to be irreplaceable one must always be different.

流石、ファッションの世界でも一流なら、言葉の世界でも超一流のコメントだ。

 

生きるとい行為をしている我々は、新しい年に入る際に何か自分を見つめる「言葉」を作ってみたい、作ることをお勧めしたい。

 

僕は思う。

「一人一人の言葉学」を持つことが大切ではないだろうか。

Nagasawamagazine・編集長     2016 1