NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

洗練されたエール・フランス・ファーストクラス2006

エール・フランス・ファーストクラスの鮮やかさ!

エールフランス・ファーストクラス・シート(2006)
エールフランス・ファーストクラス・シート(2006)

常に評価は高い、今回もスカイトラックでの評価はワールド・ベストファーストクラスで3位を獲得している。そのほか機内食、サービス部門でも大きな価値を上げている。

常にフランスならではのセンスの良さ、機内での居心地など、雰囲気を大切にした対応は世界のフランスといいたい。

そして、機内食では美味しいという言葉が見事にあてはまるメニューでゲストたちの喜びの声は高い。

華麗なラウンジ(ドバイ国際航空・シェイク・ラシード・ターミナル)
華麗なラウンジ(ドバイ国際航空・シェイク・ラシード・ターミナル)

旅行の楽しみは、機内ばかりではない、ラウンジでの過ごし方など多くの旅行者はその楽しさを、旅の一つの必要性として喜びを感じている。

エールフランスのファーストクラスラウンジ「サロン・プレミエール」は、シャルル・ドコール空港ホール2Fにある。軽食、ビジネスセンター、電話、コピー機、Fax,インターネット、テレビ、雑誌、新聞、喫煙所、シャワールーム、(タオル、シャンプー、などのすべてのアメニティーが用意されている)素晴らしいサービスが受けられる。

また、通常のラウンジサービスが、ドバイ国際空港シェイク・ラシード・ターミナルの出発ロビーにあり、旅の疲れをいやすマッサージ、シャワールームが用意されている。同時に、ビュッフェでの食事、ドリンクなど24時間サービス。そして空港内にあるドバイインターナショナルホテルの「Gフォース・ヘルスクラブも利用可能だ。

シャルル・ド・ゴール空港2Fにある「サロン・プリミエール」と、ラウンジで食べられる料理の一部

また、ファーストクラブ機内食はフルコース「最も優れたフランス料理シェフ」に選ばれた「ル・グラン・ヴェフール」のギィ・マルタン監修によるもので、最高のフルコースが味わえる。また、ワインは2000年ソムリエ世界チャンピオン・オリヴィエ・ブシェにより、2か月ごとに新しいワインが選ばれて提供される、素晴らしい組み合わせが味わえる。

食後の癒しは、シートだろう、シート間隔210センチ、高級革張りシートは、マッサージ機能搭載、備え付きのミニバーや照明付き鏡、アロマテラピー、キッドまでが用意されているすごさ、完全フルフラットになるシートと羽毛枕、裏地がコットンのブランケット、二重のスライド・ドアとプライバシー・スクリーンで個室状態の眠りが可能、また、シート脇にある、専用衣装棚は最高に便利だ。

個室のあるファーストクラスは他の航空会社もあるが、エールフランスの個室は、また別の意味で豪華だ、

2006年でのファーストクラスのこのサービスだ、2019年エールフランス・ファーストクラスの最高のサービスとホスピタリティーには、すごい期待が持てる。

Nagasawamagazine、8月号でその姿をご披露します、ご期待ください。

Refined ale France first class 2006

The evaluation is always high, and the evaluation on Skytrack has won the third place in the World Best First class. In addition, in-flight food and service departments have also gained great value.

I always say that the response that valued the atmosphere, such as good taste only in France and comfort in the plane, is France in the world.

And the voice of pleasure of the guests is high in the menu where the word "delicious" is superbly applied to in-flight meals.

Air France first class vividness!

The pleasure of traveling is not only in the cabin, but many travelers, such as how to spend in the lounge, feel the pleasure as pleasure of one necessity of the journey.

Air France's first class lounge "Salon Premiere" is located at the Charles De Cole Airport Hall 2F. Snacks, Business Center, Telephone, Photocopier, Fax, Internet, TV, Magazines, Newspapers, Smoking, Shower Room, all amenities (towels, shampoos, etc.) are provided with great service.

In addition, the usual lounge service is located in the departure lobby of Dubai International Airport Sheikh Rashid Terminal, and there are massages and shower rooms that will make you feel tired of traveling. At the same time, buffet food and drinks are available 24 hours a day. You can also use the G Force Health Club at Dubai International Hotel, located inside the airport.

In addition, the first club in-flight meal is a supervised by Guy Martin of "Le Grand Vefour" which was selected as a full course "the best French cooking chef", and the best full course can be tasted. In addition, the wine can be tasted in a wonderful combination where new wines are selected and provided every two months by the 2000 Sommelier world champion Olivier Boucher.

After-meal healing will be sheet, sheet interval 210 cm, high-grade leather sheet is equipped with massage function, equipped mini-bar and lighted mirror, aromatherapy, even the kid that is available to the sorrow, completely full flat Sleep with private sheets and feather pillows, cotton blankets with lining, double sliding doors and privacy screens, and dedicated clothes racks at the side of the seats are the most convenient.

There are other airlines in the first class with private rooms, but the Air France private rooms are otherwise luxurious.

This service of first class in 2006, the best service and hospitality of Air France first class in 2019 have great expectations.

Please see them in the August issue of Nagasawamagazine.

企画・制作・写真・nagasawamagazine・編集部