NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

「ライフ・スタイル in 青木 智栄子」      

 

 

 “智栄子 ホテル・サンパウロ”

 

 

ライフスタイルを書く前に、青木智栄子のビジネスに触れてみたい。

現在、青木はブラジルにBlue Tree Hotels(Cheko Aoki Manegement company)COであると同時に、ブラジル経済界の重鎮である。

公私にわたって、連日忙しい日々を過ごしていることは当然だが、年に何度か日本に帰国して政治家、経済人との交流も欠かさない。

勿論、文化面でもブラジル文化と、日本文化を結びつける働きをしている。

日本女性の長所である粘り強さ、きめ細かな配慮などで各界に大きな役割を果たしている。同時に、日本を飛び出し世界で活躍している多くの女性たちの力にもなっている。

 

彼女がブラジルで大きな事業をなしている原点は、なんなのか、いずれ、このmagazineで明らかになると思いますが、“青木 智栄子”が持つ“Blue Tree Hotels”の一端を、紹介したいと思います。

 

Blue Tree Hotelsは、サンパウロ(Sao Paulo)を拠点にブラジル全土に、30近いホテルを経営しています。

すべてのホテルは、青木自身で作り上げてきました。

いずれ、いくつかのホテルも紹介していきますが、拠点サンパウロのホテルのなかで、代表的なホテルをご覧いただきます。

 

 

「blue tree hotels in San Paulo」

Premium paulista

プレミアム・パウリスタ

 

 

サンパウロ市の中心にある、このホテルは機能に優れたラグジュアリーなホテルだ。

近くには、美術館など文化施設が多く点在していることでも、旅行者には快適なホテルであることには間違いない。

ホテル内には、室内プール、フィットネスセンター、日本人スタッフが日本からの旅行者を特に親切に応対してくれるので安心して滞在できる。

それも、経営者が日本人であることが最大のポイントだ。

 

 

ゆったりとした部屋は、旅の疲れを癒すシンプルなインテリアで統一されている。



Breakfast,Dinnertともに、果物は豊富、何より新鮮だ。


 

Blue Treeホテルの細かな情報はネットでも調べることができるが、より、濃い情報をnagasawamagazineでは伝えていきます。

これからも、より楽しいBlue Tree Hotelsの情報をご期待ください。

 

 

企画・取材・nagasawamagazine

フォトグラファー・五頭輝樹