NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

佐藤幸一のライフルーム 1

ヨーロッパ巡り

7月は例年のヨーロッパ旅行を企画している。

パリから始まる夏のヨーロッパは、結構ハードだ。

最高の避暑地を回るスケジュールは、羨ましいほど贅沢だ。

 

ネックにシルクのスカーフを巻いた佐藤幸一は若々しい。

実は、今年大きな病をした、ガンだ。

知人の医者にすべてを任した、勿論、ガンを摘出することも考えた。

しかし、佐藤はまず、細かな医療を求めた、世界に数台しかないガン医療器ですべてを探った、時間を要したが不思議に完治してた。

しかし、それが真実かどうかは不明、分からない。

だが、そんなことで佐藤はひるまない心を持っている。

どこからその自信が湧いてくるのか、分からないが、それが佐藤のゆとりだ、と感じた。

1か月にわたる、ヨーロッパ旅行、そのことを喜んでいることを傍からみると、不思議な感覚を覚える。


部屋のあちこちに、「南無妙法蓮華経」と書いた札が飾ってある。

「僕の好きな言葉です、詩といってもいいかもしれない」

心に仏を持つことで、全てが救われると感じているのかもしれない、しかし、分からない。

「この言葉を唱えていると、不思議に落ち着く」という。

 

「佐藤幸一ライフスタイル」は、「佐藤幸一ライフマネージメント」とは違った視点から捉えた、新しいスタイルの読み物になる。

生きている、楽しさ、辛さ、そして、挑戦。

佐藤幸一が提案する「ライフルーム」ご期待ください。