NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

カメラ爺・輝樹の発明・2

リビングワンダーランド2015出品


今回、「リビングワンダーランド2015」の公募へ発明学会から応募いたしました、嬉しいことに多数の応募の中より光栄な25点の一点に選ばれた事をご報告いたします。

 

リビングワンダーランド2015」は9月3~4日の両日、

東京駅近くの「東京国際フォーラム」の地下展示場で開催され、多くの専門バイヤーやメーカーが出店されました。

両日とも、一般のお客様はおいでにならず、いろいろなアドバイスを直接頂きました。

この完成品に近づいた・・・「カートリッジ式交換型研磨機」も改良点や売り方のアドバイス等、嬉しい人気でした。

「じじいの戯言が・・・現実のものに・・・、」夢は広がります。

刃先を痛めて、如何にも切れが戻る?物の様にしたものが多い昨今・・・

 

「一番地味で大変な仕事・・・「研ぎ10年の技」・・に近づける様に・・・、」

 

「生肉用・焼い肉の切れる角度は?

「採れたて完熟トマト用にみずみずしい切り口の切れ方の刃先の角度は」、

・硬い野菜のかぼちゃ・いも用などなど目的の切り口や切り方へ、刃先の角度を計算したものになりつつあります。

・・・・・もう少しです。

・・・・・挑戦しております。

 

抜き差しの簡単な方法で・・・研ぎながら刃物に付いた油膜や食品くずを取り、鉄粉を吸着出来る構造の優れもの・・・と思います。


輝樹・カメラ爺の頑張りでした

フォトグラファー・リポート・伍頭 輝樹・      2015年9月5日