NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

マイケル・ブーブレ(Michael・Buble)

数年前、TSUTAYAで彼の歌を聴いた。

まだ、初々しい張りのある声で、ノリのある曲を聞いたのがマイケルとの出会いだった。

僕は、大のフランク・シナトラ、ファンだ。

ジャズファンでもあるが歌と言えば、フランク・シナトラが僕の心をリードしている

ことは間違いない。

 

勿論、トニー・ベネットもその範疇にはいるが、あくまでシナトラを抑えてトップを

とらえることはない。

しかし、TSUTAYAで聞いた、マイケル・ブーブレには何かがある、シナトラを超えるようなものが感じられる。

確かに僕の心をとらえたことは確かだ。

 

CDを即座に購入した、聞いた、僕の感性に響いた。

シナトラは確かにすごいし、彼を超えるジャズシンガーはもう現れないと今も思っている。

しかし、マイケル・ブーブレにはシナトラを超えられないが、何か引き付ける

魅力を備えている。

 

現在に生きる今の、ジャズシンガーだ。

しかし若い人たち中年のロックファン経験者たちには、なじめないだろう。

 

僕には古さと、新しさのスタンダードジャズを久々に聴いた楽しさ、そして嬉しさ、久さびさの4ビートの乗りを感じた。

家に戻りシナトラのCDを聞いたライブ録音だ、シナトラの代表的なCDだ。

1966年シナトラの最盛期、ラスヴェガス・ホテル・サンズでのコンサート録音、ライブだ。

この時期、シナトラはサンズホテルのオーナーとして、エンターティナーの頂点を極

めていた。

 

ライブでのバックバンドは、ジャズオーケストラとして最強ビックバンド・カウントベーシー・オーケストラだ。

アレンジャー・クインシー・ジョーンズ、プレイヤーは最高のメンバーで

構成されている。

 

ライブコンサートとしては、超が付くコンサートだ。

このCDは、その時のライブ録音だ、本当はLPに吹き込まれているのだが、その後、CDに入れ込んだ一枚。

勿論、僕はLPも持っている、最高のミキシングされたこの一枚は貴重だ。

僕のライブラリーの大切なLPとして保存している。

 

さて、

フランク・ライブコンサートの曲目もすごい。

出だしの曲は、UPテンポの“Come Fly With Me”からだ、シナトラはステージ構成がうまい、ジャズシンガーは、どうゆう曲目構成をするかで、ステージの雰囲気が変わる。

最高のシンガーほど、曲目構成がうまい、シナトラはその頂点だ。

このシナトラのCD(LP)の迫力は流石、録音技術も最高。

1966年いまから50年前のライブ録音としては超がつく技術だ。最高だろう。

シナトラのスインギーな歌は、もう、凄さを通り越して涙がでるほど感動的だ。

 

シナトラのことはいずれ、nagasawamagazineに登場する予定だ。

 

ブーブレに、話を戻すと、ブーブレの曲は、オリジナルとジャズ・スタンダードで構成されている。

非常に曲構成がうまく展開しているので、聞いてて聞く人の心をとらえる。

アレンジもとてもいい、彼のコンサートで、ピアノを担当している中国系ピアニストがアレンを担当している。

気持ちいい、音のバランスが良くてライトだ。

しかし、シナトラ、ブーブレを聞き比べると、シナトラの深いメロディーのバランスが優れているのがわかる。

しかし、ブーブレには若さと、勢いが感じられる。

ベテランの雰囲気さえもCDに備わっている。

現在、僕が持っている、マイケル・ブーブレ・アルバムは全部で7枚を数える。

そのほか、DVDを含めると結構な枚数だ、まだまだ、成長の過程だろう。

僕は、結構楽しんでいる。

アメリカの若手のジャズシンガーは少ない、ましてや、男性シンガーは極端にいないといってもいい、女性シンガーは、ソコソコ、いるのだが。

僕は、年代も1950年代からアメリカポップをエンジョイした一人だ。

多分、シナトラが歌っているジャズ・スタンダード曲を、若いマイケルが歌っているので、そこに、ある種の郷愁を感じてしまうのかも。

思い出などが曲にダブっているので、引き込まれているのかもしれないが、年代の方も若い人も、ぜひマイケル・ブーブレを聞いてほしい。

そこには違った音楽観を感じるはずだ。

 

手元にある、マイケル・ブーブレのCD,DVDを紹介しよう。

 

 

A  “its time ”

B    “crazy love ”

C    “call me irresponsible”

D    “to be loved”

E    “come fly with me”(DVD・CD)

F    “feve””let it snow”(DVD・CD)

G    “meets Madison square garden”

H    “buble Christmas”

 

マイケル・ブーブレの簡単なプロフィールを書いておく。

マイケル・ブーブレは、カナダ・ブリティッシュコロンビア州バーナビーで、1975年

9月9日誕生。

本名はマイケル・スティーヴン・ブーブレ。母方の祖父がイタリア出身のため、イタリアの市民権も持っている。妹は女優のクリスタル・ブーブレ。 

姉に推薦されて歌手となる、現在も世界各地でコンサートをしている。

日本でのコンサートは未定?。

 

マイケル・ブーブレは、今一番聞きたいエンターティナーある。

 

 

Nagasawamagazine 編集長