NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

深江賢に聞く~回顧録スペシャル~
洒落おやじの青春取材記 工藤
特集記事 ANA

医者の趣味は・・

「無趣味が趣味」

外科医師・大沼田 治(OSAMU ONUMATA


自宅から愛車・マセラティで病院に。
自宅から愛車・マセラティで病院に。

趣味は、”人間が自由時間にに好んで、習慣的に繰り返して行なう行為、事柄やその対象のこと。別の言い方なら、道楽、好きなもの指す”とある。

 

日常の生活のなかに、人は好きなも、嫌いなものが自然に生まれる。

好きなものの中に妙に興味が沸くものがある、それが「趣味」に変化する。

必ず、人は「興味」を感じるものを、一つや、二つを、持っているものだ。

それが、何時にまに、「趣味」になってくる。一般的にだ。

 

大沼田は中学、高校と野球に明け暮れていた、大学は医学部を選んだ。

当然、野球は密封される。

しかし、身体を動かす事は常に念頭においていた、医者は身体を使う仕事だ。

まして、大沼田が専攻する外科はなおさらだ。外科は体が勝負だ。

何かスポーツを考えていた。野球は頭に無かった。

短時間に身体を慣らすものを、考えた。テニスなら簡単に身体を動かせる。

テニスは高校時代に夢中になった、体が覚えている。勿論、野球ほどではない。テニスで、身体を作り直した。しかし、物足りなさを感じていた。

当時、若者達の間で、ウインドサーフィンが波に乗っている時代だった。やり始めた。面白い、僕に合っている。夢中が高じて、ウインド・サーフィン部を大学で創部した。のめりこんだ。性格だ。徹底して嵌った。

好きを既に通り越した。趣味という意味からも外れた。夢中になった。

完全に、サーフィンは、学業を忘れさす。外科が遠のく。

吹っ切れる、勇気がいる。外科が僕の使命だ。

 

診療室での大沼田医師
診療室での大沼田医師

外科は厳しい。だが、やりがいがある。

「診断して治療出来る外科医」それが、大沼田の目標だ、断言する。

外科医は、オペが出来て、その答えが「外科医」の評価だ。

多くの地方の病院を渡り歩いた。

多くのオペをこなした。勉強になった。腕を上げた。

肝臓、胆嚢、すい臓、のスペシャリストである。外科の仕事は苛酷だ。毎日が何が起きるか分らない。

その間、大沼田は人間が常に求めている究極の目標は何か、考えていた。

「健康」をテーマに新しい医学、外科医としての使命を考えていた。

あえて、「趣味」といえば、「健康」だ。大沼田のワイフワークは

メスを使わない外科医を目指す。人間は「健康」が大切、体の内部臓器が正常に機能し、始めて正常な「健康」に結びつく。

 

平成16年、西荻窪、北口に病院をオープンした。

長い病院勤務から思いきって新しい感性を、自分のステージでぶつけてみようと決めた。 

「トータルアンチェイジング」が僕のライフステージだ。

”病気にならない、いつまでも健康体でいられるための治療です”言い切る。

精神面、肉体面、食材面、運動面、全てのケアーをすることが、大沼田の使命になった。

いま、「健康」をテーマに走っている。

(フリーペーパー、”ぱど”医療機関情報誌・ご近所ドクターBOOK2011年、保存版に掲載されているのでご覧下さい。)

 

大沼田にはスポーツが欠かせない。

医師にならなかったら、プロ野球選手と断言する。日本体育協会公認、ほか、3つのスポーツ認定資格を持つ、スポーツドクターである。

50才になった、今も、野球を続けている。流石にウインド・サーフィンは遠のいているが。スポーツをする若者、年代者に対するサポートは、大沼田の使命だ。全て「健康」が根底にある。

そのために、病院の2階ブースに、人気の「加圧トレーニング」ルームを加えた。エンターテイメント・メディカルプログラムは、今の時代に相応しい、マッチする。効果は、”ダイエット”、”筋力アップ”、”血行促進”、”回復力アップ”、そして、誰もが望む、”若返り、美肌”と繋がる。

2階にスペシャルトレーニングブースも広げよう。

そのための、特別なプランニングの作成にに力を注いでいる。

肉体の外観はもとより、内部の体の臓器のバランスを整え上げる事、そして、
食事の管理。トータルな体のエンターテイメントに作り上げる。大沼田は、それに自分を賭けている。結局、「無趣味が趣味」は「体のエンターテイメント・健康」という「趣味」に辿りついた。

 

スポーツドクターとして、タウン誌で紹介
スポーツドクターとして、タウン誌で紹介

現在17年近く乗っている車がある。

「マセラティ・ギブリ」だ。

イタリアのボローニャで1984年から94年まで生産されていたスポーツカーだ。

車は好きだ。しかし、趣味とは思ってない。断言する。頑固だ。

普通に考えれば「趣味」の範囲だ。乗ってた車は、半端ではない。

スカイラインGT、から始まり、サーブ、アルファロメオ、BMW、ボルボ、それも、同じ車を年代ごとに、乗り潰していった。数は不明。

時計、洋服、靴、なども、頑固なこだわりを見せる。

特に、時計、カバンに凝る。

 

時計は、お医者様御用達、フランク・ミュラーだ。それも、赤と黒デザインだ。

勿論、カルチェエ、ヴィトン、など数知れず。

カバンも、赤と黒が好みだ。

”持つほどに感じられる心地よさ”イタリア・FCLIO(Fクリオ)
だ。

もう、完全にオシャレが「趣味」と、見た。

 

「無趣味」と宣言した外科医大沼田 治。

「赤」と「黒」のこだわりに興味。

 次回に持ち越す。

 

取材・文・    永澤 洋児

フォトグラファー・五頭 輝樹