NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

深江賢に聞く~回顧録スペシャル~
洒落おやじの青春取材記 工藤
特集記事 ANA

アイ・ドクター覚堂の独り言 第⒑弾

いい音楽に抱かれて!           平本覚堂

別に 今月号の 編集長ご推薦のGianluca Paganelli 触発されたわけではないのですが、ちなみに私はAndrea bocelliのファンです 関係ないですけど。

先日ネットでふら付いていると YOU TUBE で一人の女性シンガーの 歌が非常に心に沁みましてチョット、ウルウルしてしまいまして、こんなことは最近では、フィリッピン女性歌手 Charice [http://wmg.jp/artist/charice/] 以来でしょうか。

 

この齢になると 自分の人生を振り返るようになりまして、チョット、早すぎるよ、という声が聞こえそうですが・・、あっ すみません 脱線いたしました。

で、 ウルウルは誰なのか? 

それは 「Shirly Horn Here's to Life」であります。

知っている方からすればグラミー賞を取ったぐらいですから有名なのでしょうが、 少し早いですが人生を振り返るこの歌にジーンと来てしまったと、いうわけです。

CD をいつものようにAMAZON.jpさんで探したのですが、国内には見当たらず!? AMAZON.comで頼みました。

ついでに、そのブログで紹介されていたJacintha「Autum Leaves - the song of JOHNNY MARCER」も一緒に購入。 

 

今は便利になったものです ネット上をうろついていると色々な音楽に出会えます。もう僕の知っているアーチストの少ないこと、この上なしですね~時代でしょうか。ただしネットの嵌ると朝になっていたりしますので注意が必要。

ですから、私はこうした行為は日に一時間くらいにして、切り上げるようにしています。

診療を終え、その一日の疲れを素晴らしい音楽に触れ出会いを楽しんでおります。そして知り得たステキな音楽に抱かれ、今夜も床に就くといたしましょう。

なんか 城達也さんのジェットストリームみたいな締めくくりですね。

サウンドに抱かれて・・・、幸せです。

明日も、頑張るぞ!!

 

                       平本覚堂 2016年5月31日 記