NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

京都・ 花見小路        旅人・治郎

市内バス

大徳寺境内
大徳寺境内

京都の人気は、相変わらず、すごいです。

テレビ、雑誌などのメディアが、京都の魅力を語っていることもありますが、とにかく、にぎにぎしく、華やかです。

「京都」への旅の二日目は、市内と決めていました。

昨日は、比叡山で一日を過ごし、満足の一日目でした。

それにしても、京都の魅力は尽きません。

何度来ても、その感触は確かで、楽しい街です。

また、何かと話題が生まれるから不思議な気がします。

同じ風景を何度見ても、何かが心に残るし、新しい嬉しさが、生まれてくるから面白いです。

京都のお土産は来るたびに新しさが加わるし、興味が尽きません。

だから、雑誌などで新しい京都を紹介しても見ないことにしています。

 

「京都」は特別と感じるのはなぜなのか。

地方の普通の町の賑やかな繁華街にしか思えない京都の町なのに、京都は特別に見えてしまうのは不思議です。京都という言葉に洗脳され、そう感じているのかもしれません。

それとも、テレビなどから影響は受けているのかもしれません。

 

京都には、多くの観光ツアーがあります。

数えきれないほどの、ツアーが目白押しです。

それに付き合うと、とても、数日ではこなしきれません。

考えて今回は「市内バス」に決めました。

 

京都駅前には、数多くの市内バスが運行しています。

市内バス一日券を購入、600円です。

京都市営バス、京都バス、に好きなだけ乗れるのでお得だと感じます。

駅前バス停から路線を選び、とにかく乗車。

京都に住む人たちに交じってのスタート。

途中下車しながら、京都を歩く、眺める、楽しむ、そんな行動をしてみました。

帰りは、夜・新幹線東京行きの時間まで自由に京都を回れる、こんな旅も気持ちいいです。

名所などは回れないが、時間まで京都を眺め、歩きました。

 

旅人 治郎

 

 

花見小路・楽々の氷小豆
花見小路・楽々の氷小豆