NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

ニューヨークは興奮が似合う

上記、三枚の写真は、ニューヨーク ティファニー店内の美しく魅力的な陶器たち

何年かぶり、夏のニューヨークだ。

心の底から沸き上がる、この、ときめきは、いつ来ても変わらない。

やっぱり、ニューヨークの風は心地いい。

ましてや、

マンハッタンは余計心の高ぶりを感じる、だからこの街はやはり興奮が似合う。

 

今回のニューヨークは、まったくのプライベートだ。

ワイフの姪がニューヨークで結婚式を挙げる、彼女はニューヨークの大学を出て、10年近くニューヨークで仕事をしている。

結婚の相手はアメリカ人でカメラマンだ。

 

姪の結婚式を控えてのワクワク感とは違って、マンハッタンの街の香りは、いつも同じだ、躍動感、洗練された雰囲気に心が奪われる。

改めてニューヨークの素晴らしさを覚える。

ホテル・ウォルドルフ・アストリア・ロビーと部屋

いま、ホテルの部屋でお茶を飲みながら久しぶりのニューヨークを肌で感じているところだ。

季節ごとにニューヨークは、楽しさを演出してくれる。

冬のニューヨークの寒さも懐かしいが、真夏のニューヨークの異常な暑さでも心が弾むから嬉しい。

やはりエキサイトしているニューヨークは好きだ。

そんなニューヨークに取りつかれている自分が、いまニューヨークにいる事に興奮している、そして感激してる。

 

姪の結婚式を控えているのに、何故かニューヨークの写真に拘っている。

夏、本番、のニューヨークです。

右側・JAL「桜ラウンジ」(成田)

中・ニューアークからマンハッタンに向かう途中の高速道路

左側・成田空港・登場予定のJAL

 

以下、真夏のニューヨーク

以下の三枚の写真は、今人気のマンハッタン・ロッテ・ニューヨーク・パレス