NAGASAWA Magazine|ながさわマガジン

エンターテインメント(イベント情報)

群馬カルチャーイベント

トヨタカルチャーフォーラム

「群馬トヨタ・カルチャーフォーマルを振り返る」

 

平成元年(1989年)10月からスタートした群馬上毛新聞社企画・群馬トヨタ・カルチャーフォーラムは、平成8年11月にかけて開催された。

講師として参加いただいた奥の文化人の方々は、それぞれ、お忙しい人たちばかりだった。

僕の頼みを聞いてくれ、快く参加してくれた、ありがたいと思っている。

こうした文化フォーラムは、日本では非常に難しい企画ものだ。

それも地方の新聞社がその土地の生え抜きな地方企業と組んでの文化イベントは、多分、日日本では始めてのことだろう。

群馬トヨタ、上毛新聞社は地方の企業の一つであり、メジャートヨタ企業とのつながりはない。あくまで地方で生まれた企業の一つである。

また、上毛新聞社も地方に生まれた新聞社の一つ、しかし、地方新聞社の中でも

大きな存在としての他の新聞社を圧している。その活動は素晴らしい。

経済的にも、裕福ではないが地方の新聞社が生きるためには、最高の行動力を持っている。

僕は、上毛新聞社のイベント企画に参加して、20年近くなる。

社長はじめ、社員たちの意気込みのすごさは、他の新聞社とは違って写真全員の心構えがこのフォーラムを盛り上げていた。

参加をしていただいた講師の人たち、個性の強い人たちばかりだった。30年近い月日が経つ現在も全員心に残る人たちだった。

なかでも、現在は存在されていない人たちも多い、その人たちを含め、僕が手掛けたイベントの中でも、心に残る。

素晴らしいフォーラムだったと、誇らしい気持ちだ。

第一回のゲストは、女性タレント「南 美紀子」さんだった。

現在も時々お会いすると、当時のことを話す、思いで深いファーラムだったと。

「nagasawamagazine」の中でも、何人かの当時の方たちを振り返る特集を組んではいるが、まだまだ、全員とはいかない。しかし、今後はなるべく多くの講師の方たちの「講演」を振り返っていきたいと思う。

30年過ぎた2020年4月号で取り上げる講師の方は、小説家で冒険家、未知の世界を探ることが大好きな作家「山田智彦」さんだ。

山田先生とは、特に仲が良く、このイベントを企画したときに、いち早く参加をお願いした。

快く僕の願いを聞いてくれ、楽しい講演会となった。

その模様を「4月号」でご紹介する。ぜひ、読んでいただきたい。